中華人民共和国駐日本国大使館さん(@ChnEmbassy_jp)のカレンダー・ブログ形式Twitter | meyou [ミーユー]

 
中華人民共和国駐日本国大使館のカレンダー形式ツイート履歴
  • 08/07(金)
  • 2 tweets
  • 16時
  • 2 tweets
  1. ChnConsul_osaka

    17時間

    「新型コロナウイルスによる肺炎と戦う」中日両国の物語をテーマに、新しく出来上がった総領事館のショーウィンドです♥️近くにお越しの際は、どうぞお気軽にお立ち寄り下さいね!(〒550-0004 大阪府大阪市西区靱本町3-9-2) pic.twitter.com/hX9goDDtck
         

  2. ChnConsulateFuk

    17時間

    中日韓三国協力事務局と世界都市電子政府協議体は5日に共同で「中日韓スマートシティオンラインシンポジウム」を開催し、今後の協力が可能な分野を探りました。j.people.com.cn/n3/2020/0806/c…
         

  • 08/06(木)
  • 30 tweets
  • 14時
  • 14 tweets
  1. ChnEmbassy_jp

    8月6日

    われわれの対抗措置は情理にかない、法にかなうもので、外交慣行にも完全に合致している。中国には米国と「外交戦」などやる意思も関心もない。両国人民の利益を一層損なうだけだからだ。
         

  2. ChnEmbassy_jp

    8月6日

    「外交戦」発動も米国の強大さを証明するものでは決してなく、逆に米国がますます自信を失っていることを露呈するものだ。米国が誤りを繰り返すなら、中国は必ず徹底的に受けて立つ。
         

  3. ChnEmbassy_jp

    8月6日

    米国が羅列するすべての理由はみな口実を作って罪を着せ、口から出まかせで非難するためのもので、検証に耐える証拠を一つも出していない。米国の横暴・理不尽を中国は無論座視しない。
         

  4. ChnEmbassy_jp

    8月6日

    このような重要な歴史的、現実的意義のある総領事館を閉鎖するというのは、中米両国人民の意思疎通と理解の窓を閉じるに等しく、中米関係の正常な発展と民間友好を損なった。
         

  5. ChnEmbassy_jp

    8月6日

    この40年余り、ヒューストン総領事館は両国人民の友誼と協力の促進で重要な役割を果たし、新型コロナウイルス感染症の感染が広来る中でも、積極的、主体的に困難を乗り越え、米国南部地区と中国の感染症対策協力で重要な橋を架けた。
         

  6. ChnEmbassy_jp

    8月6日

    8月5日のインタビューで、王毅国務委員兼外交部長は米国が中国駐ヒューストン総領事館を閉鎖したことについて、次のように述べた。 pic.twitter.com/bkGVooBnlV
         

     
  7. ChnEmbassy_jp

    8月6日

    中国の在ヒューストン総領事館は中米国交樹立後、中国が最初に米国に開設した総領事館で、ずっと中米友好の重要なシンボルだった。
         

  8. ChnEmbassy_jp

    8月6日

    香港事務に乱暴に干渉する言動は「一国二制度」の健全な実行を破壊するもので、必ず香港同胞を含む全ての中国人から断固とした抵抗と反対を受けるに違いない。
         

  9. ChnEmbassy_jp

    8月6日

    「一国二制度」は中国の規定国策であり、祖国からの力強い支持、より健全的な法律環境、香港同胞の団結と奮闘が「一国二制度」を維持し、発展させるための拠り所である。
         

  10. ChnEmbassy_jp

    8月6日

    法律の制定にあたり、数百万の香港市民が署名活動で支持を表明したことも香港市民が平和で安全した生活を切望し、法律の制定が皆の意向を反映し、一刻の猶予も許せないことだと力説した。
         

  11. ChnEmbassy_jp

    8月6日

    「香港国家安全維持法」の制定は香港の長期に渡って存在していた法律の不備を補い、「一国二制度」方針が法治の軌道で、長期的な安定した前進に有利し、香港の長期的な安定に有利である。
         

  12. ChnEmbassy_jp

    8月6日

    国連人権理事会の最近の会議において、70以上の国々が中国の正しい立場を支持し、一部の国の香港問題を悪用し、中国内政へ干渉する行為を批判した。それはまさに国際社会の共通の声と公正な立場を反映したものだ。 国家安全立法は一国の安定の根本であり、各国の普遍的な立法実践でもある。
         

  13. ChnEmbassy_jp

    8月6日

    8月5日のインタビューで、王毅国務委員兼外交部長は香港問題について、次のように述べた。 pic.twitter.com/79CxTDF9Gh
         

     
  14. ChnEmbassy_jp

    8月6日

    香港は中国の領土の一部で、香港事務も中国の内政だ。内政不干渉は国際関係の基本原則であり、いずれの国も他国が自国の国家主権または領土保全を恣意的に破壊することを許すわけがない。
         

  • 12時
  • 9 tweets
  1. ChnEmbassy_jp

    8月6日

    ほとんどの国際および地域の注目課題の対応に中米および世界各国の連携と協力がなくてはならない。中米双方は人類本位を念頭におき、大国としての責任を全うし、国連及び多国間メカニズムにおいて、必要な連携と協力をし、世界の平和と安定に寄与すべきだ。
         

  2. ChnEmbassy_jp

    8月6日

    感染症を前に、我々は感染症対策、経済回復などの諸分野において、米国と互恵協力をし、感染症対応の経験を互いに学び合い、分かち合い、全世界の感染症対策連携にともに参加し、それを推進する意向がある。
         

  3. ChnEmbassy_jp

    8月6日

    ④ゼロサム思考を破棄し、責任を共有する。今回の感染症は人類は休戚をともにする運命共同体ということを証明した事例。目下の世界にグローバル的な問題が続出し、伝統的及び非伝統的な安全に関するチャレンジが入り込んでおり、
         

  4. ChnEmbassy_jp

    8月6日

    ②意思疎通のパイプをスムーズにし、突っ込んで対話をすること。対話は問題を解決するための前提で、対話がなければ、問題が積み重なる一方で、やがて制御不能な事態に陥る恐れもある。
         

  5. ChnEmbassy_jp

    8月6日

    ③デカップリングを拒否し、協力を維持すること。中米の利益はすでに深く溶け込み、無理にデカップリングを図ると両国関係に長期に及ぶショックを与えると同時に、国際産業チェーンの安全および各国の利益にも危害を与える。
         

  6. ChnEmbassy_jp

    8月6日

    中国側は対話の扉をずっと開いており、我々は平等と開放の態度で、米国側と意思疎通と交流をし、各レベル、各分野の対話メカニズムを再開する意向がある。
         

  7. ChnEmbassy_jp

    8月6日

    米国も中国を改造すべきという自分の幻想を捨て、中国の内部事務への理不尽な干渉を中止し、中国の正当な権益への横暴なバッシングを中止すべきだ。
         

  8. ChnEmbassy_jp

    8月6日

    ①ボトムラインを明確にし、対抗を避けること。健全な中米関係を発展させるにおいて、肝心なのは相互尊重を堅持することだ。中国は米国の大統領選または内政に干渉する意向は終始なかったし、いまもそうするつもりはない。
         

  9. ChnEmbassy_jp

    8月6日

    中米国交樹立以来最も複雑な局面を前に、王毅国務委員兼外交部長は中米関係に明白な枠組みを設定するに関して、4つの提案をしました。 pic.twitter.com/z6PONCRV4k
         

     
  • 11時
  • 7 tweets
  1. ChnEmbassy_jp

    8月6日

    中米は世界最大の二つの経済体(エコノミー)として、平等互恵を堅持し、デカップリングではなく、協力によって両国関係の発展を図るべきで、この世界のために果たすべき責任を担わなければならない。
         

  2. ChnEmbassy_jp

    8月6日

    互いに排斥する必要はなく、互いに力を借り、互いに成果を収めることが完全に可能だ。現在、世界経済は感染症の深刻なダメージを受けており、
         

  3. ChnEmbassy_jp

    8月6日

    同様に中国の不断の成長も逆に米国などに持続的成長の原動力と巨大な市場空間をもたらしている。本当に一部の者が言うように、中米間の協力が不公平で、対等でないなら、そうした状況が数十年も続けられるだろうか。中米関係が今日のように深く、広く発展できるだろうか。
         

  4. ChnEmbassy_jp

    8月6日

    無論、グローバル化と自由貿易が発展のボーナスをもたらすと同時に、それぞれの経済構造と利益分配に矛盾と問題ももたらすだろう。それは自らの病に、他人に薬を飲ませるのではなく、またひたすら責任を他人に転嫁し、
         

  5. ChnEmbassy_jp

    8月6日

    さらにはいわゆる「デカップリング」で問題を解決するのではなく、自らの改革によって調整する必要がある。 グローバル化が今日まで発展し、各国の利益が互いに交錯している。中国が一貫して主張しているように、中米両国の発展はどちらか一方だけという関係ではなく、
         

  6. ChnEmbassy_jp

    8月6日

    王毅国務委員兼外交部長は8月5日に、新華社記者の単独インタビューを受け、中米関係について次のように述べた。 中米の協力は一方がもう一方に恵みを与えるというものではないし、一方がもう一方から奪うというものでもない。 pic.twitter.com/DWJbZsrXhZ
         

     
  7. ChnEmbassy_jp

    8月6日

    中米双方は協力の中から極めて大きな利益を得ており、一方が損をし、一方がうまい汁を吸うといった問題は存在しない。 長年にわたって中米両国は優位性による相互補完と互恵協力を通じ、相互融合の利益共同体を築いた。中国の急速な発展は米国を含む各国との開放・協力によって得られたものであり、
         

  • 08/04(火)
  • 1 tweets
  • 15時
  • 1 tweets
  1. ChnConsulateFuk

    8月4日

    nishinippon.co.jp/item/n/631697/ 律桂軍総領事が西日本新聞に「ポストコロナ-中国経済回復、中日協力の新しい局面へ」のテーマで寄稿しました。新型コロナウイルスで世界が打撃を受ける中、経済をいち早く回復軌道に戻した中国と、結びつきが強固な九州の協力強化を呼び掛けています。
         

ツイート成分
時間帯別ツイート
TOP