関西ラーメンbotさん(@kansai_noodle)のカレンダー形式ツイッター(Twitter)

 
  • 関西ラーメンbot @kansai_noodle
  • 首都圏版→@capital_noodle 関西地区、特に大阪府を中心としたラーメン店を画像・解説付きで紹介するbotです。中の人が首都圏に引っ越した影響で、こちらは縮小更新中です。

  • ラーメンのある場所   https://t.co/NzZO4tajSU
  • Twitter歴: 1284日 (2013/10/20より)    一日の平均ツイート数 7.2つぶやき
関西ラーメンbotのカレンダー形式ツイート履歴
  • 03/05(日)
  • 3 tweets
  • 12時
  • 1 tweets
  1. kansai_noodle

    3月5日

    【定期】本botで紹介するラーメン屋は全て、中の人が実際に足を運んで訪れています。画像は全てそのときに撮影した自前の物です。
         

  • 11時
  • 1 tweets
  1. kansai_noodle

    3月5日

    【麺酒家 まんかい】(大阪・福島) 潮とん(¥760)は貝柱の香りと味わい豊かな塩ダレと、さらに海苔の豊かな磯の香りが豚骨スープのクリーミーでまろやかな味わいと共に広がることで『塩』から『潮』へと変化させていく名に違わぬ個性派の一杯。https://t.co/oCwK2Tmtth
         

     
  • 08時
  • 1 tweets
  1. kansai_noodle

    3月5日

    【中華そば いまい】(兵庫・垂水) 関西では数少ない、岡山のご当地ラーメン、笠岡ラーメンの専門店。中華そば(¥630)は斜めにカットしたネギ、メンマ、親鶏のチャーシュー、鶏ガラメインの醤油味のスープ、細ストレート麺と本家に忠実な一杯。https://t.co/het0MQgP2r
         

       
  • 03/04(土)
  • 7 tweets
  • 23時
  • 1 tweets
  1. kansai_noodle

    3月4日

    【手打ち麺 やす田】(大阪・新大阪) 醤油(¥700)は塩のイリコに対して鰹ダシを利かせたスープが特徴の一杯。ダシ文化の根強い関西ならではの特徴が大きく出た醤油スープは、手打ち麺に染み渡って口の中を巡ることで、独自の旨味をもたらす。https://t.co/PmQPWo8Q4T
         

       
  • 20時
  • 1 tweets
  1. kansai_noodle

    3月4日

    【ぼっこ志】(大阪・難波) 十三の『ばっこ志』の2号店。鶏白湯(¥750)は豚骨よりさらに白くなったスープが特徴で、さっぱりしていながらも濃厚でクリーミーな味わいは例え素材が違っても決して揺るがないコンセプトを実感できる。https://t.co/QqVw78A5hb
         

       
  • 17時
  • 1 tweets
  1. kansai_noodle

    3月4日

    【おだしと小麦 一三〇】(京都・茶山) 厳選した魚介ダシと自家製麺を用いた『小麦そば』を提供する店で、極上いりこだし(¥1000)は苦味とは無縁の上品なダシに、京野菜などのトッピングとプツンと密度ある食感の麺を合わせる創作型の一杯。https://t.co/G3LJ2WJsJ7
         

         
  • 14時
  • 1 tweets
  1. kansai_noodle

    3月4日

    【博多とんこつ 天神旗】(大阪・上新庄) 若塩とんこつ(¥700)は、クリーミーさが特徴の若スープにストレートな塩ダレのキレが豚骨の味わいを引き立たせる一杯。臭みを許容した老スープよりも初心者向けながらも、その濃度は決して劣らない。https://t.co/FQ3p5xY9i9
         

       
  • 12時
  • 1 tweets
  1. kansai_noodle

    3月4日

    【定期】Androidアプリ「関西ラーメンbot for Android」を公開中です。無料でお使い頂けます。 https://t.co/JXhvUH0Ajn https://t.co/GWDAoVpPRc
         

     
  • 11時
  • 1 tweets
  1. kansai_noodle

    3月4日

    【醤油と貝と麺 そして 人と夢】(大阪・塚本) 中華そば(¥680)は、濃口醤油ベースの清湯スープを存分に吸収する太麺、薄切りながら肉の味や脂の甘さが濃厚なチャーシュー、粗めに切ったネギの辛味のアクセントが絶妙な一体感を発揮する一杯。https://t.co/TY4WRRnXie
         

       
  • 08時
  • 1 tweets
  1. kansai_noodle

    3月4日

    【弘雅流製麺】(兵庫・住吉) 鶏骨醤油(¥700)は、鶏白湯のこってり系。臭みの一切ないスープに、カツオ出汁の和風テイストが合わせることによって、粘度が低めのサラッとした口当たりながら鶏の旨味の濃厚さを損なわない味わいが特徴。https://t.co/2Bh2FsO5Fd
         

       
  • 03/03(金)
  • 7 tweets
  • 23時
  • 1 tweets
  1. kansai_noodle

    3月3日

    【ラーメン 坊也哲】(大阪・若江岩田) つけ麺(¥900、300g/400g同額)は塩味の清湯スープによるつけダレで頂く。つけダレには角切りのチャーシューの他、親鶏や肉団子に九条ネギと具にも飽きさせない工夫が凝らされている。https://t.co/Jy8iCW1tNC
         

     
  • 20時
  • 1 tweets
  1. kansai_noodle

    3月3日

    【麺や マルショウ 新大阪店】(大阪・新大阪) この店舗の開業以降、基本メニューとして提供される塩中華そば(¥700)は牡蠣や貝柱由来の独特な甘味と深みのある塩ダレを鶏ガラスープを合わせ細麺で味わう、個性派でありつつも癖の少ない一杯。https://t.co/6jIeDZNXde
         

       
  • 17時
  • 1 tweets
  1. kansai_noodle

    3月3日

    【あいつのラーメン かたぐるま】(京都・丹波口) 昼夜限定20食のうるとらつけ麺(¥950)は塩豚骨魚介の濃厚な味わいのタレに、隠し味として粉チーズを含ませることにより、さながらカルボナーラを食べているかのような独創性を実現する。https://t.co/ZVvS9dzHKK
         

     
  • 14時
  • 1 tweets
  1. kansai_noodle

    3月3日

    【一日一麺LAB+】(大阪・長堀橋) 『人類みな麺類』がプロデュースする店で、いつものヤツ(¥800)はプロデュース先をリスペクトした貝系醤油でありつつ、独特の淡い味の広がりやローストしたチャーシューなど、細部で差別化が図られた一杯。https://t.co/WIVqwhr9n5
         

       
  • 12時
  • 1 tweets
  1. kansai_noodle

    3月3日

    【定期】説明文・写真は適宜最新の状態の物に差し替えることがあります。
         

  • 11時
  • 1 tweets
  1. kansai_noodle

    3月3日

    【らぁめん 真】(大阪・茨木) 数量限定のカレーらーめん(¥750、大盛+¥100)は、濃厚でコクのある味わいのカレールウと、モチモチした平打ち麺とのこの上ない相性を実感出来る一杯。一味ラー油のアクセントが、カレーの旨みを引き立てる。https://t.co/0xrwYoyuFc
         

       
  • 08時
  • 1 tweets
  1. kansai_noodle

    3月3日

    【つけ麺 富】(兵庫・姫路) つけ麺(¥780)は、無添加ならではの滑らかな口当たりとまろやかで優しい後味を併せ持つ魚介豚骨のつけダレに、適度な温度に〆られ、細めでエッジを抑えモチっとした食感が特徴の自家製麺が程よく絡む一品。https://t.co/O7ZKQ9XrcH
         

     
ツイート成分
時間帯別ツイート
TOP