田中希美男さん(@thisistanaka)のカレンダー・ブログ形式Twitter | meyou [ミーユー]

 
  • 田中希美男 @thisistanaka
  • 京都東山で清水焼をやってましたがある日マグナムの写真を見て感銘を受け「そうだ写真をやろう」と初めてのカメラを一台買って写真のことをナニも知らないまま東京の写真学校を卒業していまは写真家で専門はクルマ撮影ですが森羅万象花鳥風月草木虫魚飛行機電車女子男子が被写体。

  • 六本木 / 恵比寿   http://thisistanaka.blog66.fc2.com/
  • Twitter歴: 3969日 (2009/11/17より)    一日の平均ツイート数 3.5つぶやき
田中希美男のカレンダー形式ツイート履歴
  • 09/28(月)
  • 4 tweets
  • 17時
  • 4 tweets
  1. thisistanaka

    15時間

    冗談でふわふわ飛ぶ蝶を狙ってみたら、自動検出して即AFするではないですか。人間、動物だけでなく昆虫検出もできるんですね。驚き、愉しかった。 EOS R5の撮影機能も、RF600mmも1.4倍エクステンダーも、その他にも、あれこれ新しい発見や経験をしましたが、話がくどくなるのでこのへんで。 pic.twitter.com/ekBjihZZAE
         

     
  2. thisistanaka

    15時間

    遠くの小さな鳥でも(カワセミ? 都心で初めて見たよ)、AFフレームがぴたっと鳥にロックオンしたのを見て、「おおっ!」と声が出ました。撮影シーンは薄暗い場所だったが、1.4倍テレコン付きの840mmF16相当でも、R5のAFは結構やってくれるもんですね。人間に限定した瞳/顔AFモードの精度にも感服。 pic.twitter.com/HV4D5zIO5b
         

     
  3. thisistanaka

    15時間

    テレコンを使うと描写性能は"がっくり落ちる"と思い込んでいたが、いやいや、予想以上に良く写りましたよ。 1.4倍テレコン付きで、EOS R5の新機能である犬、猫、鳥に自動的にピントを合わせる動物検出AFモードを選んで鳩を撮影。フレーミングしたとたん、鳩の眼にドンピシャでフォーカスしました。 pic.twitter.com/cx0nRkTluw
         

     
  4. thisistanaka

    15時間

    EOS R5/R6と同時に、1.4倍と2倍のエクステンダー(テレコン)も発表されました。 そこで、EOS R5にRF600mmと、エクステンダーの1.4倍を組み合わせて使ってみました。600mmが約840mmになり開放F値(開放絞りしかないけれど)はF16になるけれど、R5のAFは何ごともなく動作してピントが合う。 pic.twitter.com/H9yldYMbuO
         

     
  • 09/27(日)
  • 4 tweets
  • 17時
  • 4 tweets
  1. thisistanaka

    9月27日

    手ぶれ補正効果は、RF600が5段ぶん、RF800は4段ぶんとのこと。実写の結果だとRF600については優に「5段ぶん以上」の補正効果がありそうでした。 以下の写真は、シャッタースピード1/10秒での手持ちです(ビール飲酒撮影)。ベランダから約850m先のビルを撮影したもので、コレ、撮った本人がびっくり。 pic.twitter.com/uaVbW9ARvd
         

     
  2. thisistanaka

    9月27日

    AFは、暗いシーンだと少しモタつくが(我慢してちょっと待てば)測距不能になることはない。通常の撮影シーンではAFスピードもAFピント性能も問題なし。 RF600もRF800もレンズ内ISだけの手ぶれ補正。現在はR5のボディ内ISとの協調制御ISはできない。将来はファームアップなどで可能になるかも。 pic.twitter.com/thOPLHaQHk
         

     
  3. thisistanaka

    9月27日

    RF600もRF800も絞り値はF11の固定式。レンズスタイルは沈胴式。RF600mmは、縮長時は約20cmのコンパクトで伸張時は約27cmほどになる。重さは約900g、600mmレンズのわりにはじつに軽い。RF600の実販価格は約9万円、RF800は約11万円(ともに税別)。おすすめはRF600のほうかな。 pic.twitter.com/7ehGqTEjQe
         

     
  4. thisistanaka

    9月27日

    EOS R5/R6と同時に「RF600mmF11 IS STM」、「RF800mmF11 IS STM」の2本の超望遠レンズも発売されました。RF600もRF800も、(いい意味で)まったく"キヤノンらしくない"製品。へぇーキヤノンは変わったなあ、と感じたことの1つです。 というわけでEOS R5でRF600を使ってみた。愉快なレンズです。 pic.twitter.com/Vpq7P6VmIN
         

     
  • 09/25(金)
  • 4 tweets
  • 21時
  • 2 tweets
  1. thisistanaka

    9月25日

    そのレンズ、2008年ごろに発売がはじまり、いまでも現役商品。出荷数は少ないもののSIGMAのロングセラー製品のひとつ。デカいレンズで、重さは約15キログラム。希望価格は250万円ですが現在の実売価格は約200万円の、一眼レフカメラ用レンズです。 pic.twitter.com/xWKbuxBAqE
         

     
  2. thisistanaka

    9月25日

    SIGMAの山木和人社長が手にしているのは『APO 200-500mm F2.8 / 400-1000mm F5.6 EX DG』レンズの削り出したばかりの鏡筒部分。「ほらっ、これ!」と山木さんが見せてくれたが、すぐにはナンだかわかりませんでした。 数年前にシグマ会津工場を見学したときの写真がでてきた。 pic.twitter.com/vs6cbPYVWd
         

       
  • 07時
  • 2 tweets
  1. thisistanaka

    9月25日

    訂正。 小さな「ィ」なのは ⇒ 小さな「ィ」でないのは twitter.com/thisistanaka/s…
         

  2. thisistanaka

    9月25日

    だいぶ前にキヤノンに聞いたところ「デザイン、見かけのバランス」という回答でした。皆さんがどのように書こうがご自由です、とも。 富士フイルムのほうは小さな「ィ」なのは別な理由だったような・・・思い出せないです。 twitter.com/khx_/status/13…
         

ツイート成分
時間帯別ツイート
TOP