滝口悠生さん(@takoguchiyusho)のカレンダー・ブログ形式Twitter | meyou [ミーユー]

 
  • 滝口悠生 @takoguchiyusho
  • 小説家。告知もろもろ。もろきゅうカッパ巻き。

  • Twitter歴: 1567日 (2015/08/27より)    一日の平均ツイート数 4.8つぶやき
滝口悠生のカレンダー形式ツイート履歴
  • 12/09(月)
  • 9 tweets
  • 17時
  • 5 tweets
  1. gekikara

    12月9日

    にわかには信じられませんが重版します。手にとっていただいたみなさんのおかげです。ありがとうございます! twitter.com/shichigatsudo2…
         

  2. takoguchiyusho

    12月9日

    『きらきらいし』、見かけたらぜひお手にとって読んでみてください。こちらのページで表紙や帯文、そして作品が少しだけ見られます。(注文もできます) shichigatsudo.co.jp/info.php?categ…
         

  3. takoguchiyusho

    12月9日

    今年の1月に七月堂から出た古溝真一郎さんの詩集『きらきらいし』。帯文を書かせていただいたのですが、このたび重版したそうです。版元さんや制作にかかわった方々が大事に本を作って売ってる姿を見てたので嬉しい。 twitter.com/shichigatsudo2…
         

  4. takoguchiyusho

    12月9日

    セレクトのほか、まえがきや各章の構成、解説などを書いてます。12月18日発売。 ↓こちらのページで「まえがき」が立ち読みできます。先に書いた企画の趣旨や章立てについて、もう少し詳しく説明してます。 books.bunshun.jp/ud/book/num/97…
         

  5. takoguchiyusho

    12月9日

    この本も最初は名言集的な企画だったのですが、お話いただいて一週間かけて49作の完成台本を全部読み通してみて(楽しかった!大変だったけど)↑のようなコンセプトを思いつき提案してみました。ひと言だけ抜いちゃうとその前後が拾えなくてもったいないなー、と思う箇所がたくさんあったのです。
         

  • 16時
  • 4 tweets
  1. takoguchiyusho

    12月9日

    語録集には語録集のよさがありますが、『男はつらいよ』は登場人物たちのやりとりや駆け引き、あるいは文章で言うところの「行間を読む」みたいな言外の表現の魅力も大きいと僕は思っていて、少し長めのやりとりを読んで味わうのもいいのでは、と考えたからです。
         

  2. takoguchiyusho

    12月9日

    『男はつらいよ』のセリフ集や名言集はこれまでにもいろんな本が出ているのですが、この本では少し長めの「場面」単位で抜いて掲載してます。だから「場面集」。そして読者にこの映画の言葉をじっくり読んでもらうことに狙いをおいてます。
         

  3. takoguchiyusho

    12月9日

    (カバーの絵力がすごいな…。)
         

  4. takoguchiyusho

    12月9日

    12月にはもう一冊名前が入った本が出ます。といっても著書ではなく、文春新書から出る「男はつらいよ」の場面集の選者を仰せつかりました。 books.bunshun.jp/ud/book/num/97…
         

  • 12/07(土)
  • 14 tweets
  • 23時
  • 1 tweets
  1. takoguchiyusho

    12月7日

    @e_k_s_s_kご一緒できて嬉しかったです!
         

  • 14時
  • 4 tweets
  1. Bungakukai

    12月7日

    (承前)文月悠光/岸政彦/藤野可織/栗原康/山尾悠子。以上23氏が「文學界書店」店長の皆さんです。番外編で南相馬市小高の書店「フルハウス」店長・柳美里さんのインタビューも掲載。bunshun.co.jp/mag/bungakukai/
         

  2. Bungakukai

    12月7日

    【文學界1月号、12/7発売/特集】「文學界書店」店長の皆さん:千葉雅也/古谷田奈月/保坂和志/岸本佐知子/フィクショナガシン/最果タヒ/小熊英二/高山羽根子/立川吉笑/カラサキ・アユミ/小泉義之/鈴木涼美/山本精一/梯久美子/長田杏奈/片山杜秀/名久井直子/滝口悠生(続く)
         

  3. Bungakukai

    12月7日

    【文學界1月号、12/7発売/特集】今もっとも気になる23人を店長に迎えた「文學界書店」が誌上オープンします。23氏にテーマを決めて10冊ずつ選んでいただきました。230冊の中からあなたにぴったりの一冊が見つかる、これからの寒い季節にお手元に置いていただきたい保存版!
         

  4. takoguchiyusho

    12月7日

    『文學界』(2020年1月号)では「文學界書店」という特集で「渥美清研究」と題して選書(10冊)+各書へのコメントを書いています。 bunshun.co.jp/mag/bungakukai… pic.twitter.com/aUv86G16cz
         

       
  • 13時
  • 8 tweets
  1. takoguchiyusho

    12月7日

    『新潮』(2020年1月号)。連載小説「全然」の第5回が載っています。扉のカット今月は大竹伸朗さん。 shinchosha.co.jp/shincho/backnu… pic.twitter.com/LIN1lqBObP
         

       
  2. takoguchiyusho

    12月7日

    群像のゲラ見たときからかっこいいなと気になってたイラスト、ササキエイコさんのものだった。>RT
         

  3. e_k_s_s_k

    12月7日

    【お仕事】 「群像」2020年1月号(講談社) 24名の作家さんによる、新年短編特集ページの扉絵を描きました。 今号から長野まゆみさんの新連載も。 デザインは川名潤さん+六月さん、 ロゴデザインは鈴木哲生さん、 本文仮名書体設計は山田和寛さん。 リニューアル第一号です!ぜひ。 pic.twitter.com/RNxXTeksqz
         

       
  4. kawanasan

    12月7日

    2020年1月号からの「群像」。ロゴデザイン:鈴木哲生さん、本文仮名書体:山田和寬さん、デザイン:川名潤+六月でやっていきます。1号目の表紙は写真家・澄毅さんです。毎号作家が変わります。鈴木哲生さんロゴも毎月変化していく予定です。 gunzo.kodansha.co.jp pic.twitter.com/9uLEQKfjgl
         

       
  5. takoguchiyusho

     
  6. takoguchiyusho

    12月7日

    リニューアルされた『群像』(2020年1月号)。「隕石」という短編を書いています。渋谷の居酒屋の話。表紙などのビジュアルだけでなく本文の書体も一新されている。かっこいい。 pic.twitter.com/ITiKZOkl2n
         

       
  7. takoguchiyusho

    12月7日

    「大阪の宿」は作品のモデルとなった宿(今はもうない)がはっきりしていて、何年か前大阪に行った時、土佐堀川沿いのその場所を見て歩いたりした。全然目立たないけど近くには作品の碑もある。 pic.twitter.com/rK431NYBux
         

       
  8. takoguchiyusho

    12月7日

    『すばる』(2020年1月号)。創刊50周年記念号。「50人による私の偏愛書」特集に寄稿してます。取り上げたのは水上瀧太郎『大阪の宿』。この本について書くのはもう何度目かですが何度でも書く。少しでも魅力が伝わるよう努めたつもりです。ぜひ。 pic.twitter.com/hOZru0sp5N
         

       
  • 12時
  • 1 tweets
  1. takoguchiyusho

    12月7日

    今月は文芸誌にいろいろ書いてます。新年号。
         

  • 12/06(金)
  • 20 tweets
  • 23時
  • 1 tweets
  1. takoguchiyusho

    12月6日

    @sociologbookご厚情おそれいります。どうもありがとうございます。
         

  • 21時
  • 1 tweets
  1. takoguchiyusho

    12月6日

    @sociologbook昨夜ツイートに失礼なリプライをしてしまいました。誠に申し訳ありませんでした。完全にこちらの誤読と浅慮によるもので、あとで我に帰りツイートを削除したのですが、心よりお詫び申し上げます。
         

  • 19時
  • 1 tweets
  1. takoguchiyusho

    12月6日

    つまりこの本の表紙は10パターンあるのです(中身とかISBNは同じです)。そんなこともできるんですね。 twitter.com/numabooks/stat…
         

  • 18時
  • 1 tweets
  1. toibooks

    12月6日

    待ちに待っていた滝口さんの「アイオワ日記」が、ついに書籍化!しかも大幅加筆とのこと、めちゃくちゃ楽しみですー。 toi booksにも勿論仕入れます! 12月下旬発売予定 滝口悠生『やがて忘れる過程の途中(アイオワ日記)』(NUMABOOKS) twitter.com/takoguchiyusho…
         

  • 17時
  • 10 tweets
  1. numabooks

    12月6日

    @hachibookcenterNUMABOOKS出版部としては、阿久津隆『読書の日記』、佐久間裕美子『My Little New York Times』に続く、3冊目の「日記」でもあります。来年には日記の専門店「日記屋 月日(@nikki_tsukihi)」もオープンします。あわせて日記のすばらしさを伝えていく活動もしていきますので、ご期待ください!
         

  2. numabooks

    12月6日

    そして12月21日(土)より、八戸ブックセンター @hachibookcenterにて展示「柴崎友香×滝口悠生 アイオワ/八戸 ~作家が滞在するということ~」が開催されます!滝口さんと同じくIWPに参加された柴崎友香さんとの二人展。八戸でどういった取り組みが可能かも考えています。 8book.jp/2687/
         

  3. numabooks

    12月6日

    今回も様々なアイデアが出ましたが、表紙にはデジタル印刷機を駆使し、10パターンの異なるグラデーションを施し、エンボス加工+シール手貼りに決定。残念ながらぼくは同行できませんでしたが(本当に残念!)本日は表紙の印刷立ち合い。佐藤さんが投稿してくださっています。 twitter.com/satosankai/sta…
         

  4. numabooks

    12月6日

    ブックデザインは佐藤亜沙美さんです。NUMABOOKS出版部では何度もお世話になっていますが、それぞれファンの方はご存知の通り、滝口さんとはプライベートでのパートナーでもいらっしゃいます。このようなご依頼をしていいものだろうかと随分と悩みましたが、お二人ともご快諾くださいました。
         

  5. numabooks

    12月6日

    【NUMABOOKS出版部・新刊のお知らせ】 滝口悠生『やがて忘れる過程の途中(アイオワ日記)』を12月下旬に刊行します。 numabooks.com/yagate/ 雑誌『新潮』に掲載された「アイオワ日記」~「続続続アイオワ日記」を大幅に加筆修正いただき、単行本化したものです! pic.twitter.com/StEam45MYm
         

     
  6. satosankai

    12月6日

    いろんなグラデーションの表紙が🌈 pic.twitter.com/aLb4pOb81b
         

     
  7. satosankai

    12月6日

    こちらにエンボス加工がされ、その上からシールが手貼りされます💪 中には柴崎友香さん×滝口悠生さんの対談やアイオワ大学の地図を収録した投げ込みも入り、充実した仕様になりました😋 pic.twitter.com/qcxp8Dxo0B
         

       
  8. satosankai

    12月6日

    廣済堂さんに来たのはなんとなんと版が不要なデジタル印刷機を駆使して、10種類の色パターンを作るためなのです!グラデーションが10種類!記憶とともにその色も変わります。 pic.twitter.com/puOlnqjZIF
         

       
  9. satosankai

    12月6日

    きょうは久しぶりの印刷立ち会いで廣済堂さん埼玉工場に来ています! 著書の滝口悠生さんと編集の後藤さん😊ヌマブックスから今月刊行される滝口悠生さんの新刊『やがて忘れる過程の途中(アイオワ日記)』の表紙の印刷を見にきました💁‍♀️ pic.twitter.com/QPkoEhWQrf
         

       
  10. takoguchiyusho

    12月6日

    今回の本は企画会議から参加させてもらって、本をつくる過程にもたくさん関わらせてもらいました。それで考えたことがいろいろあるからそういう話も少しずつできたらと思います。本をつくる大変さと面白さを知って本の魅力や可能性を再確認できました。次は読者に届けるパート、書き手は何ができるか。
         

  • 16時
  • 1 tweets
  1. takoguchiyusho

    12月6日

    というわけで久しぶりの自著新刊『やがて忘れる過程の途中(アイオワ日記)』がNUMABOOKSから12月下旬に出ます。去年アイオワ大学のプログラムに参加した際の日記(初出は『新潮』)に大幅加筆しています。 numabooks.com/yagate/ pic.twitter.com/AfHBrXAnX9
         

     
  • 15時
  • 3 tweets
  1. takoguchiyusho

  2. takoguchiyusho

    12月6日

    廣済堂さんの工場では製本も行っていて、印刷から製本までの作業や機械を見せていただきました。本が実際にどんなふうにつくられるのか、なんとなく知ってても見るのは初めてだったからおもしろかったしとても勉強になりました。
         

  3. takoguchiyusho

    12月6日

    今日は印刷工場に社会科見学。さいたまにある廣済堂さんの工場。今度出る本の印刷立ち合いに同行させてもらいました。 pic.twitter.com/lcThMQUYSD
         

  • 01時
  • 2 tweets
  1. takoguchiyusho

    12月6日

    @amehanakoそうなのですか。さすが岸さん。そしてただ自戒だけが残ることに(飲んでいる)……。年末進行お疲れさまです!
         

  2. takoguchiyusho

    12月6日

    デザイナーが身近にいる者としては、もっと早よ原稿書いてくださいよ、と言いたい。書き手のその甘えが師走の編集者を追い込み、校閲者を追い込み、デザイナーを追い込む。ひいてはデザイナーの家族を追い込むのです。 (…そして自分に返ってくるブーメラン。) twitter.com/sociologbook/s…
         

ツイート成分
時間帯別ツイート
TOP