小田嶋隆さん(@tako_ashi)のカレンダー・ブログ形式Twitter | meyou [ミーユー]

 
  • 小田嶋隆 @tako_ashi
  • コラムニスト。ブログは冷温停止中。その他色々と停滞中ですが、順次再起動する所存です。てはじめにツイートなどを。ログはこちら http://twilog.org/tako_ashi

  • 東京都北区赤羽   http://takoashi.air-nifty.com
  • Twitter歴: 3496日 (2009/12/21より)    一日の平均ツイート数 8.7つぶやき
小田嶋隆のカレンダー形式ツイート履歴
  • 07/18(木)
  • 2 tweets
  • 09時
  • 2 tweets
  1. tako_ashi

    3時間

    仲間はずれを探せ ジャニーズ事務所 自民党 吉本興業 サル山 G20
         

  2. tako_ashi

    3時間

    「笑い」が知的で高尚な文化的営為であり、時には芸術ですらあるという見方は、完全な間違いではないものの、大筋においてインテリの片思いに過ぎない。「笑い」は、ほとんどすべての局面において、残酷かつ低俗なコミュニケーションツールであり、実質的には弱者をいたぶる棍棒以上のものではない。
         

  • 07/17(水)
  • 8 tweets
  • 11時
  • 4 tweets
  1. tako_ashi

    7月17日

    落語の古い噺の中にも「武士の意地を貫くべく娘を売った柳田は…」だとか「吉原(売春窟です)で五人廻しにあぶれた男が…」みたいな、現代人には笑えないネタが山ほどあるわけですが、善し悪しは別として、こういうのがうちの国の伝統的な「笑い」であったことは、認識しておきたいものです。
         

  2. tako_ashi

    7月17日

    森繁久彌が主演してた「駅前」シリーズを見ればわかる通り、昭和40年代以前は「愛人」の存在そのものが「男の甲斐性」「男のユーモア」の象徴だったわけで、実際、大人が笑ってるジョークの8割は艶笑バレ話だった。 つまり、わが朝の「笑い」の基本設定は、エロと権力のおまけだったわけだよ。
         

  3. tako_ashi

    7月17日

    安倍さんは、オレとほぼ同世代(総理の方が二歳年上ですね)なのだが、このあたりの感覚(愛人の存在を匂わすことや、大阪城のエレベーター設置がジョークになると思っているあたり)を見るに、とても同世代とは思えない。たぶん、元老の家の孫てなことで育った世界が違うのだろうね。
         

  4. tako_ashi

    7月17日

    何を言いたいのかというと、昭和の中期までは、「二号さん」「愛人」「妾」に言及すること自体が「男のユーモア」であり、「艶笑」であり「艶福家の自画自賛」であり、「ホモ・ソーシャルの仲間褒め儀礼」であり、その種のミソジニーそのものが、「粋な笑い」と判断されていたという話です。
         

  • 10時
  • 3 tweets
  1. tako_ashi

    7月17日

    昭和31年に創設された「赤羽馬鹿祭り」で踊られる「赤羽馬鹿祭り音頭」(正確な名称は知らない)の初期バージョン(←昭和40年代に改訂された)では、「お父さんもお母さんもみんな一緒に踊ろう」という主旨の歌詞の中で「二号さんも…」と歌っている。これが昭和のユーモアだったわけだよ。
         

  2. tako_ashi

    7月17日

    お父さんに「恋人」(←「愛人」を「恋人」と呼ぶことが「ユーモア」だと思ってるわけです)がいることは、「男の甲斐性」と見なされていたりする。たぶん、日本会議的の皆さんの旧民法スタンダードの家族観は、核家族以外に、愛人、二号さん、妾、を含んだ拡大家族を想定しているのだね。
         

  3. tako_ashi

    7月17日

    「お父さん、恋人も誘って」は、これ、「お世辞」のつもりだよね。「外に恋人がいる魅力的なお父さん」という含意。 で、対お母さんには「昔の恋人」という言い方になる。これも「独身時代はモテたんだよね♡」という含み。 なんという無邪気な性差別。完全に昭和の政治家家庭の家族観ですね。 twitter.com/asahi/status/1…
         

  • 08時
  • 1 tweets
  1. tako_ashi

    7月17日

    お父さんの恋人なんかに声をかけるより、お祖父ちゃんの元のクライアントに協力を要請する方が効果的だと思うぞ
         

  • 07/16(火)
  • 14 tweets
  • 20時
  • 5 tweets
  1. tako_ashi

    7月16日

    配信されてくる画像や動画を見るに、安倍総理は、やたらとコブシを握るポーズを取りたがりますね。 キャリア末期の演歌歌手みたいで、感心しません。
         

  2. tako_ashi

    7月16日

    @tsuruzawakanya 果物を「水菓子」と呼ぶ用語法は、昭和標準でもお年寄りの専売特許だった気がします。妻の祖母(明治生まれ)がそういう言葉を使う人でした。「コンクリート」を「コンクリ」「セメント」を「セメン」「ハンガー」を「えもんかけ」とか。
         

  3. tako_ashi

    7月16日

    神「おまえのようなまわりくどい文章を書く人間は、誤読した人間だけが返信してくる地獄に落としてくれる。しばらくその地獄で修行し直して来るが良い」 オレ「…って、ここ、ツイッターですよね?」 神「はて? 汝は地獄出身か?」
         

  4. tako_ashi

    7月16日

    笑う必要のないところで笑っている人間は、アタマが悪いのか、根性が腐っているのか、気持ちがねじくれているのかのいずれかであるのか、でなければ、それらすべてを兼ね備えているのだろうと思っている。
         

  5. tako_ashi

    7月16日

    ご指摘の通り、小選挙区導入の議論が沸騰していた当時、私は小選挙区制度に反対する見解を表明していました。 結果として、小選挙区制が採用された後も、反対の気持ちは変わっていません。 ただし、当然のことながら、選挙制度への賛否と、投票に行くかどうかの判断は別です。 twitter.com/eizoten/status…
         

  • 17時
  • 1 tweets
  1. tako_ashi

    7月16日

    金襴緞子も貧すりゃ鈍す(前句なし)
         

  • 16時
  • 1 tweets
  1. tako_ashi

    7月16日

    若い頃、自分が投票に行かなかった理由は、信頼できる政治家や支持できる政党を見つけられなかったからなのだが、20年ほど前から投票するようになったのは、「きらいな候補者を落選させ、不快な政党にダメージを与えるためには、当面、誰に投票すれば良いのか」という視点を得たからだと思っている。
         

  • 15時
  • 2 tweets
  1. tako_ashi

    7月16日

    若い人たちの間で「造反無理」みたいな対人感覚が一般的になったのは、たぶん21世紀にはいってからなのだろうと思っている。 「教師の指示なんだから、納得できるかどうかはともかく従うのが生徒の義務だろ」 「学級委員長の意見には、文句を言わないことが、学級自治の基本だぞ」 的な。
         

  2. tako_ashi

    7月16日

    「有権者が選挙で選んだリーダーなのだから、多少不満があっても従うべきだ」 と、あたりまえのように信じ切っている人たちの、感覚って、 「個人的な好き嫌いは別にして、部下が上司の指示に従わないと組織は正常に機能しないぞ」 という、サラリーマン根性の応用から来ているものなんだろうか。
         

  • 14時
  • 1 tweets
  1. tako_ashi

    7月16日

    芸人の世界では、芸の巧拙以前に、とりあえずどこかの事務所に所属するか、既存の芸人に弟子入りするなりしないと活動を開始できない。このあたりの設定は、スマホを買うにあたって、3社か4社のキャリアのどれかと契約しないといけないシバリと似ている。もちろん、永遠にsimフリーにはならない。
         

  • 11時
  • 1 tweets
  1. tako_ashi

    7月16日

    サムライとスライムって、弱さといい、環境適応の無節操さといい、徒党を組みがちな行動形態といい、実は兄弟なんじゃないか?
         

  • 07時
  • 3 tweets
  1. ganaha22

    7月16日

    少々時間が経ったものですが、事態は全然変わっていないと思います。お時間のある方はご覧ください。 twitter.com/atsuandpoco/st…
         

  2. tako_ashi

    7月16日

    吉本興業の体質を批判した私のtwに対して、反論の声が上がるところまでは想定していた。ただ、その吉本擁護者のコア層が、お笑い好きのテレビ視聴者や個々の芸人のファンよりは、むしろ維新支持者、百田尚樹ファン、政権支持層、中韓ヘイトといった人々によって占められていることに驚いている。 twitter.com/wc830/status/1…
         

  3. nikkeibusiness

    7月16日

    われらがシャイロック、じゃなかったジャスラックは、音楽教室に職員を潜入させて教室内での音楽の扱われ方を調査する手段を採用した。びっくり仰天だ。いったいいつの時代のゲシュタポのやりざまだろうか。 #日経ビジネス #小田嶋隆 #JASRAC #ヤマハ音楽教室 @tako_ashi business.nikkei.com/atcl/seminar/1…
         

ツイート成分
時間帯別ツイート
TOP