万城目学さん(@maqime)のカレンダー・ブログ形式Twitter | meyou [ミーユー]

 
  • 万城目学 @maqime
  • もし、お伝えしたいことがある。

  • Twitter歴: 2862日 (2012/11/28より)    一日の平均ツイート数 2.0つぶやき
万城目学のカレンダー形式ツイート履歴
  • 06/30(火)
  • 1 tweets
  • 00時
  • 1 tweets
  1. maqime

    6月30日

    一カ月に一度、今で言うビブリオバトルの如く、先生が10分ほど課題本の紹介をしたのち用紙を配る。本の紹介がはまった場合、味気ない課題図書リストを渡され、勘で本を選ぶのとはまったく違う興味が湧く。このとき読んだ課題本は『幽霊』北杜夫『壁』安部公房『天平の甍』井上靖、どれも財産である。
         

  • 06/29(月)
  • 4 tweets
  • 23時
  • 1 tweets
  1. maqime

    6月29日

    高校時代現代文の先生が編み出した「上半分600字はあらすじ、下半分600字は感想、感想は何を書いてもよい、この課題自体、希望者のみ提出」というやり方は、不毛な「どこまであらすじで埋めるか」調整から生徒を解放し、かつ自主性とのバランスも取れた非常に賢明な感想文スタイル【初級】だったなと。
         

  • 19時
  • 3 tweets
  1. maqime

    6月29日

    結果、ドリブルもままならないのにゲームに投入され、全然活躍できず、つまらないまま試合を終える。楽しいプレーができず嫌いになる人間もいるだろう。ただ一点だけ、読書感想文を弁護するなら、その時点での自身の能力、文章の下手さ具合を知るには、やはり書いて確かめるほかないということである。
         

  2. maqime

    6月29日

    「読書感想文」を書くのがつまらない理由は、自分を表現するずっと手前で終わってしまうからではないか。ある程度自分を表現するには練習が必要で、サッカーやバスケにおける足元、手元を見ないでドリブルができる程度まで上達しないと難しい。でも、文章をそこまで練習して感想文に挑む人間はいない。
         

  3. maqime

    6月29日

    「小説幻冬」7月号にて『ヒトコブラクダ層ぜっと』を連載しています。巻頭の小川哲氏、門井慶喜氏らのコロナについてのエッセイが癖があって読み応えアリです。
         

  • 06/28(日)
  • 1 tweets
  • 20時
  • 1 tweets
  1. maqime

    6月28日

    毎月、大きな締切をやっつけたあとの半日くらいの休み、帳簿付けをしながら、何も考えずに溜まったブラタモリの録画を消化するのが、ささやかなしあわせ。
         

ツイート成分
時間帯別ツイート
TOP