ケロッピー前田さん(@keroppymaeda)のカレンダー・ブログ形式Twitter | meyou [ミーユー]

 
  • ケロッピー前田 @keroppymaeda
  • 前田”ケロッピー”亮一:身体改造ジャーナリスト、“カウンターカルチャーを追う男” 著書に『70年代オカルト』『クレイジートリップ』『クレイジーカルチャー紀行』、責任編集『バースト・ジェネレーション』、『縄文時代にタトゥーはあったのか』(国書刊行会) contact → keroppymaeda@gmail.com

  • tokyo   http://keroppymaeda.cocolog-nifty.com/blog/
  • Twitter歴: 4422日 (2010/04/14より)    一日の平均ツイート数 5.9つぶやき
ケロッピー前田のカレンダー形式ツイート履歴
  • 05/23(月)
  • 9 tweets
  • 11時
  • 2 tweets
  1. clearbody

    9時間

    通販お求めはコチラから tmochida.thebase.in
         

  2. _2620255725252

    9時間

    持田保さんのFrinze23拝読。魔女は権力外で生きた人という側面を聞きますがこれも同じく内面外面共にアウトサイダー的内容を持った「知」に満ちています。反社会的音楽を求めて6を載せて頂きました。電子雑音でも思いましたが「書くこと」は無駄ではありません。目に見えなくとも成果があると信じます
         

  • 09時
  • 7 tweets
  1. keroppymaeda

  2. keroppymaeda

    11時間

    #モドゥコン・ブック #増補完成版』の新規カラー16頁で報告している #アイボールタトゥー #マグネティックインプラント #トレパネーション などの最新の #身体改造 についても解説します。日本の #身体改造ムーブメント はBURSTから始まった! 最も過激な時代がここに蘇ります。ご期待ください。 ↓
         

  3. keroppymaeda

    11時間

    #90年代 以降に広まった #身体改造 #カルチャー のけん引者たちまでが一堂に会し、それを #BURST でいち早く報じたことが日本の身体改造カルチャーの #爆発的な人気 に繋がりました。 当時、BURSTは身体改造をどのように報じたのかを振り返りつつ ↓
         

  4. keroppymaeda

    11時間

    これまで30年間に及ぶ取材のなかでも最も強烈な体験と言えるのが、1999年から3年間続いた #身体改造 の世界大会「#モドゥコン」でした。#男性器 から火を吹き、指や手足を #切断 し、性器を #完全除去 する実践者たちから、#インプラント #スプリットタン #ボディサスペンション など ↓
         

  5. keroppymaeda

    11時間

    #ケロッピー前田 は、1991年から #白夜書房( #コアマガジン)に編集者として勤務し、翌年『#ニャン2倶楽部』の月刊化に伴い、#ボディピアス の取材を始め、94年から海外取材へ。96年に独立し、#BURST のメインライターとなり、#タトゥー を含めた #身体改造 の最前線を日本に紹介してきました。 ↓
         

  6. keroppymaeda

    11時間

    今回は世界で最も過激な身体改造本『#モドゥコン・ブック』が復活すること(先行発売 5/29 #文学フリマ BURSTブース)を記念して、#身体改造 ジャーナリスト #ケロッピー前田 を取り上げます。 いつもながら司会&進行も本人が務めますが、BURST当時の身体改造事情から最新の動向までを総覧します。 ↓
         

  7. keroppymaeda

     
  • 05/22(日)
  • 1 tweets
  • 05/21(土)
  • 11 tweets
  • 17時
  • 11 tweets
  1. keroppymaeda

     
  2. keroppymaeda

  3. keroppymaeda

    5月21日

    切除した男性器の #調理法 や身体の各部位への #生理食塩水注入、#インプラント#スプリットタン #ボディサスペンション などの90年代以降に広まった #身体改造 も詳しく解説、世界的な身体改造ブームの火付け役となった決定版です。2008年に刊行された第2版も参照し、新規カラー16ページ ↓
         

  4. keroppymaeda

    5月21日

    “最も危険な #身体改造 本”は #ケロッピー前田 自らが翻訳&自費出版することで2003年に刊行されました。長く品切れでしたが、2022年、新規カラー16ページを加えた #増補完全版 として復活します! 男性器から火を吹き、指や手足を切断し、性器を完全除去する実践者たちのインタビューから ↓
         

  5. keroppymaeda

  6. keroppymaeda

  7. keroppymaeda

  8. DailyTocana

    5月21日

    【昨日の人気記事】「身体改造の世界」をケロッピー前田が語る! 手足切断、性器ピアス、モドゥコン…衝撃写真! tocana.jp/2018/02/post_1…
         

  9. hagazinemag

    5月21日

    20年前に行われた「身体改造世界大会モドゥコン」は、身体改造カルチャーのビッグバンだった── 貴重資料を『死とSEX』展にて公開中 /ケロッピー前田 hagamag.com/series/s0057/7… “1970年代、大富豪ダグ・マロイは、当時、世界には数人しかいなかったボディピアスの実践者を引き合わせた” 2020.7.13
         

  10. keroppymaeda

    5月21日

    「モドゥコン」のときに、インプラント(埋め込み)、スプリットタン(蛇舌)、スカリフィケーション(瘢痕)、ブランディング(焼印)、サブインシジョン(男性器切開)、アンピュテーション(指手足切開)、キャストレーション(去勢)など、いわゆるタトゥーやピアスを超える身体改造がでそろった。
         

  11. keroppymaeda

    5月21日

    「モドゥコン99(第一回身体改造★世界大会)」体験記(1) keroppymaeda.cocolog-nifty.com/blog/2010/11/9… (2) keroppymaeda.cocolog-nifty.com/blog/2010/11/9… (3) keroppymaeda.cocolog-nifty.com/blog/2010/11/9… エンジョイ!!
         

ツイート成分
時間帯別ツイート
TOP