Ken ITO 伊東 乾さん(@itokenstein)のカレンダー・ブログ形式Twitter | meyou [ミーユー]

 
  • Ken ITO 伊東 乾 @itokenstein
  • Ph.D Prof. Komponist-Dirigent / Raummusik Kollegium Berlin. Habe viele Interesse an der Wissenschaft und am Mitleben dadurch.

  • Tokio / Berlin   
  • Twitter歴: 3337日 (2010/02/01より)    一日の平均ツイート数 22.2つぶやき
Ken ITO 伊東 乾のカレンダー形式ツイート履歴
  • 12/10(月)
  • 18 tweets
  • 11時
  • 1 tweets
  1. itokenstein

    12月10日

    @abarthmenいまは公開してないみたいですね^^; moae.jp/comic/yomawari…
         

  • 10時
  • 2 tweets
  1. itokenstein

    12月10日

    @abarthmenネットで読めるんですね 貧むす も。 moae.jp/comic/yomawari…
         

  2. itokenstein

    12月10日

    @abarthmenそういうヒット中なのですね^^
         

  • 09時
  • 1 tweets
  1. itokenstein

    12月10日

    @abarthmen最近の仕事のようですね 手塚賞ももらったとか 展覧会があったとか
         

  • 02時
  • 1 tweets
  1. itokenstein

  • 01時
  • 6 tweets
  1. itokenstein

    12月10日

    けっして欧州で取れないアフリカのカカオ豆が 宗主国のベルギーで名産になるのに微妙なものも感じていたが いまやそれがトルコ企業の軍門に下るとは・・・
         

  2. itokenstein

    12月10日

    近年「氷菓」は随分進歩したと思うが アイスクリーム は あまり感心したものを記憶しない。ゴディヴァのアイスの勝因は なんといっても本業のチョコで値引きなしの仕事をしているからと思う。いまやトルコの企業なんですよね ゴディヴァ社
         

  3. itokenstein

    12月10日

    セブンで扱っている ゴディヴァのチョコアイスが 実にまっとうで良い。カップのものを落手したが、硬くてまったくスプーンが立たない。こういうアイスが減ってしまったが、古くからのアイスクリーム元来の在り方と再遭遇したような思い。美味である。
         

  4. itokenstein

    12月10日

    @abarthmenウエブでちらと見ました^^
         

  5. itokenstein

    12月10日

    音楽とまっすぐに向き合うって もっと厳しく ピュアで けっこう大変なことだから。
         

  6. itokenstein

    12月10日

    私の音楽に共鳴して参加して下さる方が対象であればともかく シラバスで見て登録してくる連中の9割は コンビニでおにぎり買う程度の意識で授業を隙間に詰めているだけだと思ってはずれない(と言っていたよ学生が) そんなところで 作品など ぜったいにおくびにも出しません。
         

  • 00時
  • 7 tweets
  1. itokenstein

    12月10日

    結局ね 半期やって 補講とかの際に Cosmostroph とかDynamorphiaとか聴かせたことが2015年ごろ以降に数回あったけれど「どうしてこういうものを最初から聴かせて下さらないんですか?」とか態度が改まるのは参加者が数名しかいないからで、大人数の部屋で自分の作品を聞かせようとはおよそ思わない
         

  2. itokenstein

    12月10日

    比較的容易な 電子的ホケットのほうを 先に来週のコマで すこしだけやってみようと思っています。半分は 一般化線形モデルで検定する視聴覚モダリティの差別化実験課題。今学期は人数が少ないせいで、そうとう贅沢な内容になってよかったと思っている次第
         

  3. itokenstein

    12月10日

    東大に呼ばれて19年 初めて授業で 私自身の作品を 学生たちに手を動かして貰って再現演奏ということをしようかと思っている。2015年のクラスでは蔵本モデルや引き込みの演示まではしたけれど、Hungarian Hoquetusの演奏はしなかった。した方がよいと思うという意見複数に肩を押されて。
         

  4. itokenstein

    12月10日

    例えば Electronic Hungarian Hoquetus(2006/15) は自然数単位でテンポ設定が変えられる電子メトロノーム群のための作品で 基礎となるのは「双子素数」である。リゲティが死んだとき、フィードバックする前に死にやがって と憤懣やるかたなく準備した半分 残り半分は蔵元模型的な引き込みのホケット
         

  5. itokenstein

    12月10日

    リゲティはそこそこ目先は立ったが、ベリオは下らない男だった いずれも2流と言わざるを得ない。ノーノやブーレーズとは明らかにレベルが違う。シュトックハウゼン/ケージとも全く違う。一人ひとり、議論したり仕事する中でハッキリわかるこういう事こそ、後世に伝えるべき現実と思う。
         

  6. itokenstein

    12月10日

    私は1993年にリゲティからプリを貰い、世の中からそれ以降つまらないヤジが来なくなったけれど そんなことは権威主義みたいなもので意味がなく、私はリゲティから色々厳しい批判と宿題を貰った。それらに一つ一つ答えた結果は音楽史への貢献になっていると思うものがある。それを公刊してゆく
         

  7. itokenstein

    12月10日

    物理の若い仲間に 私の素数ポリリズムと非線形引き込み、注入同期などの話をする 物理としか思えません というリアクションでしたが 興味を持ってもらえた様子で嬉しかったですね^^
         

  • 12/09(日)
  • 19 tweets
  • 18時
  • 1 tweets
  1. itokenstein

    12月9日

    @abarthmentwitterで「夜廻り猫」の話だけ 伺いました 実物はまだ
         

  • 16時
  • 1 tweets
  1. itokenstein

    12月9日

    来週後半念頭「ローソン『悪魔のおにぎり』はなぜバカ売れするのか?」を入稿しました^^
         

  • 14時
  • 2 tweets
  1. itokenstein

    12月9日

    Hungarian Hoquetus の演奏には注意を要する。不用意にあつかうとコンピュータやクレジットカードがしばしば壊れる。 ネオジム磁石のためだが 個人的にはリゲ公の亡霊が悪さをするのだと思うことにしている。
         

  2. itokenstein

    12月9日

    Hungarian Hoquetus(2006) Electronic Hungarian Epitaph (2006/15)の2旧作 来年1月に録音することになったので、いくつか買い足しに。 必要なもの メトロノーム各種 ネオジム磁石 リゲティの墓碑銘
         

  • 13時
  • 7 tweets
  1. itokenstein

  2. itokenstein

    12月9日

    花子さん(東京弁)(*´꒳`*) ハナ子はーん(大阪弁) (*´ω`*) べちゃ~(桂枝雀)
         

  3. itokenstein

    12月9日

    @mailifestyleナウい って いきのこってるんでしょうか? かつての ナウなヤング は まだ生きてる人もいると思いますが そろそろ後期(以下略)
         

  4. itokenstein

    12月9日

    僕は 大規模な作曲をしているときは すべてをコンパクトな書類かばん(A2とかA0とかだったりしますが)に入れています。それを開けば どこのホテルでも 直ちに私の仕事の環境が成立。 折りたたみ机というものも ゼロと1を制御できる道具として 特に大学では好んで使います
         

  5. itokenstein

    12月9日

    空間は精神を表し また 精神を改めようと思ったら 空間から改めてゆくのも 一つの方法でしょう 転地療法というのが意味を持つゆえんだともおもいます
         

  6. itokenstein

    12月9日

    整理整頓された部屋 というのは 整理整頓された精神を反映しているのだと思うし どうしても片付けられないというのは セルフネグレクトが入っている可能性があるかもしれません それと別に 大きな仕事をしている最中は片付けられると困るというのもある
         

  7. itokenstein

    12月9日

    部屋が片付かなくて困る というのは だらしがないのだとおもっていたのですが 心が壊れているのですね 私の母は 父がなくなったあと ずっと部屋が片付かず、死に掛けてリフォームしたとき整理したら 1年ちょっとで本人が死んでしまいました
         

  • 12時
  • 1 tweets
  1. itokenstein

    12月9日

    @183soitalでしょ。どのように資産配分すると、社会が改善し国家経済が回復するかも 見える。そういうシミュレーションを、ローデータから一緒に考えてみよ、と誘ったわけだ。こっちのこともあるから 適宜出ておいで。
         

  • 10時
  • 7 tweets
  1. itokenstein

    12月9日

    @mailifestyleキモい の 一亜種としか 思えません ^^;
         

  2. itokenstein

    12月9日

    気候変動はかなり深刻ですね 農業はすでに大打撃を受けている。中国の濫開発は一定以上の影響を及ぼしていると思いますが 責任なんかとるつもりは まあ なさそうですね・・・
         

  3. itokenstein

    12月9日

    論理の破綻? そんなこと 言わなきゃ誰も問題にしないよ ははー みたいなことですね そういうものだとあきらめて 生きてゆくしかない 東アジア後進社会は オーストラリアの風でひまわりが咲き シベリアの風でそこに雪が降り積もる つまり 気象からして発狂しつつあるアイランド
         

  4. itokenstein

    12月9日

    欧州委員会等では決議や法案の整合性が徹底して議論され 生煮えなものは議場に上げられない あとで矛盾を来たし、とんでもない事になるのが分かっているからだ。翻って 日本では そういう全体的な整合性を問うという習慣がなく だらだらと法案を通してお金を引っ張るという悪い癖がつき過ぎている
         

  5. itokenstein

    12月9日

    いま とある文書の取りまとめをしているのですが 「どこかにいれておいてください」式の意見を すべて ぴしゃりと封じさせてもらいました。 それでは 通るものも通らなくなります 学術というのであれば まともに公理論的な構成くらいはとらなければ お話にならないでしょう
         

  6. itokenstein

    12月9日

    どっかの政党の「壊憲案」がどうしてだめかというと「ああいう意見もある」「こういう意見も取り入れる」みたいに 論理的に整合しない文言を だらだらと並べて 法律案にしようという魂胆がいけません。一度成立したら それで公金が動くから という利権誘導の具に法律が堕したことからこんな仕儀に
         

  7. itokenstein

    12月9日

    @mailifestyleときに エモい って 何ですか? ^^??? ぜんぜん使ったことがないです
         

  • 12/08(土)
  • 26 tweets
  • 15時
  • 5 tweets
  1. itokenstein

    12月8日

    ジャガイモの品不足を受けて?カルビーが発売している「mino」という豆のスナックが気に入っている ソラマメのやつ 高調らしく 品薄になったあと たくさん出荷されるようになっている。
         

  2. itokenstein

    12月8日

    @komasafarina青春には蒼空が良く似合う
         

  3. itokenstein

    12月8日

    @mailifestyleでも 辞書に「ばえる」とか出るとはおもえないんですけれどもね^^;
         

  4. itokenstein

  5. itokenstein

  • 12時
  • 1 tweets
  1. itokenstein

    12月8日

    それにしても 流行語大賞とか 本当に中身がないんですね ポストトゥルースもいいところだ ( ͡° ͜ʖ ͡°)
         

  • 11時
  • 1 tweets
  1. itokenstein

    12月8日

    youtube.com/watch?v=SSNSUm… かわいらしく見えますが 命がけの狩でもあります
         

  • 10時
  • 1 tweets
  1. itokenstein

    12月8日

    聖職としては例外的なハイセンス^^ ざんす。 twitter.com/kamiumach/stat…
         

  • 02時
  • 5 tweets
  1. itokenstein

    12月8日

    例えば 大変驚いたのは 知らないうちに共著者に加えられて 内容を知らないペーパーとかが出されていたりとかね。 一本増えたからいいでしょ 的なことだったのですが 僕はこういうの 苦手でした。 何ロンダリングっていうのかしら こういうの。星の貸し借りをする注射相撲みたいのが苦手
         

  2. itokenstein

    12月8日

    訳語みたいなものも 自分にピンとくるものが必要だとおもうし 原典にあたることも大事だと思うし いずれも自分の中に審級があれば 人任せなどには決してできないと思います そういうのがないのが前提みたいな社会かもしれないけれど。
         

  3. itokenstein

    12月8日

    書籍はGRITを「度胸」「回復力」「自発性」「執念」などと訳しているようですがGuts 腸 ですから「胆力」がせいぜいでしょう。回復力じゃ病気が治るみたい、この訳は打たれ強さだと思うし イニシアティヴはイニシエイト、ヒトに先んじる 執念じゃしつこいだけみたい 不撓不屈ってことでしょここは
         

  4. itokenstein

    12月8日

    大學になんか呼ばれて受けたのが間違いだったのかもしれませんね 一芸術人としては。「教える必要があるなら そもそもやるべきでなく 出来るなら教える必要などない」みたいに 高飛車でずっとやっていたほうが 良かったのかもしれません 真逆の民主的な姿勢に終始してきましたが・・・
         

  5. itokenstein

    12月8日

    作品を作るって 結局 恋愛みたいなもので 自分でああこうしようとおもってどうなるものではなくて 何か対象と出会って そこで予感をもつと 勝手に中で出来てゆくものでしかないんですよね結局。 教えるなんて野暮なこと。
         

  • 01時
  • 13 tweets
  1. itokenstein

    12月8日

    確かに「指環」に登場する連中で文字を読めそうなのは・・・ハーゲン位しかいなさそうだ。大蛇どもなど明らかに文字を解さなさそうだし ジークフリートなどもそういうタイプではない。
         

  2. itokenstein

    12月8日

    約5300年前の狩人の遺体がアルプスの氷の中から見つかった「アイスマン」案件では純度99.5%の銅斧を所持していた。そんなことを考えると「ニーベルング」のミーメのサーガは 書字以前の文明の産物か といった連想を呼び起こす
         

  3. itokenstein

    12月8日

    @mailifestyle次々回になるかとおもいます^^; 水曜日に入稿していたゴーンの記事が先に=グローバルゲートウェイ品川ありきのトンデモ公募の稿を優先させましたので
         

  4. itokenstein

    12月8日

    GRITについて ある文書に記した。 いわゆる「やり抜く力」Guts(胆力) Resilience(打たれ強さ)Initiative(率先性)Tenacity(粘り強さ) 死んだ母が最後に遺してくれた書は「百折不撓」というものだ。私にはこれしかない。
         

  5. itokenstein

    12月8日

    毎週火曜のとあるコマで、ある件の話をするのだが、学生たちがさっぱり分かった手ごたえのある顔をしないんですね、一人ひとりの子の得心してなさそうな顔が気になって、そんなことを考えながら眠ると、その解決策が夢で出てきたりするわけ。3D動画ですよ^^
         

  6. itokenstein

    12月8日

    そういう意味では、音楽に集中できない時間が長かったここ20年だったのも間違いない
         

  7. itokenstein

    12月8日

    芯から考える問題は必ず夢に見る。今週はとある公文書をなんとかしたが 毎日関連の夢を見た。合間にもう一つ 仲間と進めているモデルについても夢を見た。頭と小手先でどうこうするというのではない 全身全霊の出発点は 夢のレベルから自分自身が欲望することにあるように思う。
         

  8. itokenstein

    12月8日

    @MizuhoSFどうなんでしょうか・・・^^; まあ 自分にウソはつけませんから やることをやるとその分一つ進む。今年は大きな出来事が幾つかあり、そのやむに已まれない必然で4-5つほど別種の仕事をしたうえで 私自身の音楽と晴れて向き合える というような順番です
         

  9. itokenstein

    12月8日

    高橋悠治さんなんかは そういうことを 営々と問い続けてきたわけ。そういう姿をまじかに知り、自分は何をするのか ということですよね。大学で私のさまざまなクラスに学生が訪れるけれど こういう本質は殆んど話すことがない。大半は技術とその方便の教授に終わる ニーズがない所では話さない
         

  10. itokenstein

    12月8日

    ある時期まで 20世紀(でした)の今日、どういう顔をしてモーツァルトを弾けばよいか 本当に解らず 大変に悩んだりした。アホみたいなものと映るだろう 何も考えず 採点基準を設けて きれいに弾ければお上手お上手 といったありように、虫唾が走ったものだった 全く理解されないだろう
         

  11. itokenstein

    12月8日

    いま記した全てについて 真逆の状態になってしまったように思う。ワルい意味で守るものだらけ 作り出すことはなく 抱え込んで排除する小心翼々 といったものを情けなく思う。 どれと特化せずとも好い、新聞を開いて任意の記事にダーツを投げれば そこそこあたるだろう
         

  12. itokenstein

    12月8日

    昭和中後期の社会意識はもっと目覚めていた。あの戦争を生き抜いた人たちは 当然ながらもっと世の中も人間も宇宙も 醒めた目で見ていたと思うし 一過性の利害や物質的な栄華の無意味さも知り 守るものも少なかった。
         

  13. itokenstein

    12月8日

    日本人は「オペラ」というと主として江戸時代の作品、せいぜいが明治中期程度までしか受け付けない。このメンタリティと 水戸黄門や どれを見ても下手な人情噺みたいなどうでもいいドラマの濫造は 顧客の嗜好という点で通じるものがあるのだろう
         

ツイート成分
時間帯別ツイート
TOP