Susumu Hirasawaさん(@hirasawa)のカレンダー・ブログ形式Twitter | meyou [ミーユー]

 
Susumu Hirasawaのカレンダー形式ツイート履歴
  • 09/24(木)
  • 10 tweets
  • 21時
  • 10 tweets
  1. hirasawa

    9月24日

    滞りなく9曲を超えた(実は1曲ボツにしている)ことに己が驚いている。 我が身に何が起こったのかと。 朝の賢者は登れたのかと。 3620の野辺だぜマリーと。
         

  2. hirasawa

    9月24日

    しかし、もしも「シャットダウンしています」の表示に誘われて旋律がやって来たのなら、もっとシャットダウンしたい。 三つも四つもシャットダウンしたい。 そのぐらいの待遇は受けられるような人生を送って来たと自負する。 駄目なら2つでもいい。足るを知る男でもある。
         

  3. hirasawa

    9月24日

    一日の仕事を終え、画面に 「シャットダウンしています」 の文字が表示されている時に10曲目の旋律がやってきた。 シャットダウンを途中でやめたい。
         

  4. hirasawa

    9月24日

    胸は希望に満ちており、脳は生姜で満ちている。 酔い止めの薬なしで飛行機に乗るなら今だ。(のらないけど)(やがてのるけど)
         

  5. hirasawa

    9月24日

    これで11月まで(それを越えて)生姜は私の身体の材料として供給されることへの希望を胸に生きている。
         

  6. hirasawa

  7. hirasawa

    9月24日

    限界突破生姜が11月まで出荷されない問題をどう経穴すべきかと自問しているところにピンポーン、ガラガラガラと玄関の戸が開き、土間には無農薬の新生姜が立っていた。
         

  8. hirasawa

    9月24日

    三日前に月締メ・フォルマントを公開したばかりでもう次を録る。 月締メ・フォルマントを始めたのは4日前なのに、もう12編以上あるのはどういうことか。 1年を4日で生きるなら4日間は365日間より長いことになる。 すごくね?
         

  9. hirasawa

    9月24日

    10曲目のスケッチはある。 ところが明日は月締メ・フォルマントを録る。
         

  10. hirasawa

    9月24日

    1日サボり、TAB譜を書くと見せかけて1曲目に手を加える。
         

  • 09/22(火)
  • 15 tweets
  • 22時
  • 1 tweets
  1. hirasawa

    9月22日

    さて、もしも明日の朝旋律が到来しなければ、サボるかも。 またこんど!!
         

  • 21時
  • 14 tweets
  1. hirasawa

    9月22日

    例えば60年代にはよく 「町を捨てる」という表現が歌詞の中にみかけたような。 傷心のリーゼントが街を捨て、列車に乗って見知らぬ土地へでしょうか? でしょうが、この曲には21世紀的混じりものがあり、一筋縄ではいきそうにありません。 町を捨てるなら地球も捨てる、みたいな。
         

  2. hirasawa

    9月22日

    60年代とか、蒸気機関車とかメランコリー等のイメージに合流するのはなんと、嬉ハズカシロカビリーでしょうか?
         

  3. hirasawa

    9月22日

    すみません。 予言より1日はやく出来てしまったもので。
         

  4. hirasawa

    9月22日

    つづき もう洗いざらい全部ぶちまけて安らいじゃいません?一緒に。 え?用事があるからだめ?いいじゃないこれも何かの縁でさ。 だめ?けち!・・・・じゃあしたにしよっと。 終
         

  5. hirasawa

    9月22日

    つづき だからって誰かがその雷に打たれたって話も聞かないけどね。 ただ頭が雲に覆われていると、顔を見た人はいないけど、声は聞こえるらしいよ。 何かすごい早口の高い声なんだけど、いいいい感じで落ち着くんだって。 これからその神父さんに懺悔しに行こうと思うんだけど一緒に行く? つづく
         

  6. hirasawa

    9月22日

    つづき で、そこの神父さんというのが変というか不思議というか、頭が雲の中なの。 え?いやほんと、綿あめみたいな雲がこーもわーっと頭の周りにあるんですよ。 一年中消えないの、その雲。で、年に何回か稲光がしてゴロゴロって鳴るんですよ。 つづく
         

  7. hirasawa

    9月22日

    9曲目 開発コード:Ghost Train 感想:人の兄 yu hiras 20:51 (13 分前) To Susumu ほら見えるかね?あそこの森の向こうにこんもりとした黒い丘が見えるだろ? あの丘の向こう側の麓には小さな村があってね、小さな教会があるんすよ。 つづく
         

  8. hirasawa

    9月22日

    9曲目 開発コード:Ghost Train 感想:湯本高所作業員 基調はメランコリー。管、弦、アコギソロ有り。 普通の曲に聞こえないのは、冒頭などで奇矯なフレーズが 狂言回し的役割を演じている影響…だけでは無さそう。 古典の悲恋物語を奇怪にデフォルメされた人形が演じる人形芝居。とか? 終
         

  9. hirasawa

    9月22日

    つづき 勝手な想像ですが、これは歌詞作る醍醐味が凄いです! あとこのギター好き。 終
         

  10. hirasawa

    9月22日

    9曲目 開発コード:Ghost Train 感想:オリモマサミ 歌詞はついていないのにやたらと雄弁! 古い蒸気機関車は少し過去からやってきて夜の夢を見せる。 急ぐ人は悪夢にうなされる。子供は自身の老人の姿を夢見る。 そんなスケールに招かれる。 つづく
         

  11. hirasawa

    9月22日

    つづき でも仮歌が来た時点でいきなり平沢風味全開になるのがこれはもう毎度、驚きです。 この曲が一番、どういう歌詞になって、最終的にタイトルがついてどういう印象になるのかが謎です。期待大! 終
         

  12. hirasawa

    9月22日

    9曲目 開発コード:Ghost Train 感想:平野企画室長 今までの曲の中で一番、自由に楽しんで作られている感じが致します。 閃くのに従っている感じでしょうか? ギター(今回はギターの主張が大きい!)や、ふっと現れるリズムに、60年代くらいの味わいを感じる場面があって、新鮮です! つづく
         

  13. hirasawa

    9月22日

    つづき まるで鏡に映したかのように、 列車の色形ばかりか車窓にみえる乗客の顔まで同じだ。 否、鏡に映した姿であるはずはない。 私がいくら手を振っても、あっちの私はそっぽを向いたままだった。 あっちの私に気を取られている間に 列車は再び荒野に差し掛かっていた。 終
         

  14. hirasawa

    9月22日

    9曲目 開発コード:Ghost Train 感想:PEVO 1号 列車は山を下り始め、視界を遮っていた靄も谷を渡る毎に薄れてゆき、やがて、木陰の向こう側でゆらゆら列車と並走している何かが正体を現した。 !!!列車!? 並走していたのは、色形のよく似た列車。。いや、まったく同じ列車にしか見えない。 続く
         

  • 09/21(月)
  • 14 tweets
  • 22時
  • 1 tweets
  1. hirasawa

    9月21日

    交渉の末、1時間後にマイクは帰って来た(1時間何してたの?) きっとWaiは別室で「日本人は細かくて気難しいから困る。XXXさん、ここは折れてマイク返してくれませんかね」とかなんとか言ったと思う。 同じマイク、青の間に今あります。言ってくれれば。。 また今度!
         

  • 21時
  • 13 tweets
  1. hirasawa

    9月21日

    「いい考えがある。俺の口ききなら同じマイクを30万円で買える。電話一本で持って来るよ。買う?」 そのマイク、口きいてくれなくても30万円ですけど。。。 Wai(通訳)が切れた(現地人でも切れた)。
         

  2. hirasawa

    9月21日

    滞りなく、いや、滞りながら録音は進み、ところがある日スタジオからマイクが消えていた。 件の歌手がセッションで使うために自分の部屋に持って行ってしまった。 「別のマイクがありますからそれを使ってください」 無理。音が変わってしまう。 無理と申し立てた。
         

  3. hirasawa

    9月21日

    何故かスタジオの上階が件の歌手の部屋であり、連日エアコン設置の穴をあけるドリルの音と振動をスタジオのマイクが拾ってしまう。 (スタジオを貸す時は工事を控えるのが幸福の源だ。。。そんなこと日本人に言え)
         

  4. hirasawa

    9月21日

    それはタイ国の国民的歌手の住まいに建立されたプライベートスタジオだった。
         

  5. hirasawa

    9月21日

    ケイオスユニオン設立以来初めてではないかと感じる。 そうでないとしても初めてではないかと感じる。 思えば、ケイオスユニオンとして独立するための戦略的レコーディングは灼熱のトロピカル国から始まった。
         

  6. hirasawa

    9月21日

    ふと思えば、何度も挑戦したが叶わなかった事。 エアコンが必要ない季節にレコーディングする。が今叶おうとしている。 長い年月を経て、叶おうとしている。
         

  7. hirasawa

    9月21日

    比類なき産道のコスプレが一堂に会すライブであること。 それが条件。(再三再四何のだ)
         

  8. hirasawa

    9月21日

    ライブには産道のコスプレで来ること。 それが条件。(何のだ)
         

  9. hirasawa

    9月21日

    最悪はマイクで録音すればよい。 問題は捨て置き、産道に奉仕する。 私は産道礼拝の道にわが身を捧げる、産道法師なのである。 (ない)
         

  10. hirasawa

    9月21日

    しかし、アコギがやや不調で原因が分からない。 この問題のために時々産道閉塞が起こる。
         

  11. hirasawa

    9月21日

    TAB譜のために分娩を止めるわけにゆかず、このまま産道礼拝(作曲のこと)を続けることにした者より。
         

  12. hirasawa

    9月21日

    9曲目は順調に産道を駆け抜けている。 恐らく明後日にはできると告げられた。己に。
         

  13. hirasawa

    9月21日

    ゴーヤが赤化したとて 階段に手すりは要らぬ pic.twitter.com/pnNR8365Hj
         

     
ツイート成分
時間帯別ツイート
TOP