山下澄人さん(@FICTION96)のカレンダー・ブログ形式Twitter | meyou [ミーユー]

 
山下澄人のカレンダー形式ツイート履歴
  • 12/10(火)
  • 3 tweets
  • 04時
  • 1 tweets
  1. FICTION96

    23時間

    今の時代の演技者の訓練、ラボにはやはりそのイメージはある、そして演技者のイマジネーションは他ジャンルを横断する
         

  • 03時
  • 2 tweets
  1. FICTION96

    23時間

    これは台本にほとんど忠実に行われている『しあわせな日々』 この吹っ飛んだ設定が見ているうちに非常に生々しいものとして見えて来る、ベケットは演技者の目でこれが書いている時点でおそらくら見えていた、この演技力、チャーム、これが職人だ youtu.be/I3y_5WfHkCY
         

  2. FICTION96

    23時間

    演技者の復権は大事だ、おおくのひとは信じていない、才能だとあきらめている、才能もある、しかしなくてもできる、困難ではあるがもちろん、しかし方法はある、ラボではそのさわりをやっている、テキストも使ってみよう、細かく拾うことができれば名優はできる、そのはずだ、ラボだ実験だ
         

  • 12/09(月)
  • 5 tweets
  • 17時
  • 1 tweets
  1. FICTION96

    12月9日

    FICTIONをやりはじめてしばらくお客さんはもちろん入らなくて楽屋の幕の隙間からのぞいて数えたら出演者のが多くて、演劇を見るひとってどこにいるんだろう、とよく考えていた、一昨日も昨日もたくさんお客さんがいるのを見て、ここにいたのかと思ったが今はもうFICTIONをやっていない
         

  • 12時
  • 1 tweets
  1. KonnoYuichiro

    12月9日

    忙しい時期、キャンセルが出てます、当日でも入れます、よろしくお願いします、VACANT近い方、ぜひ
         

  • 01時
  • 3 tweets
  1. FICTION96

    12月9日

    世代を超えてひとつの作品を軸にそうした話ができることの芸術の偉大さ、というようなことも思ったけれど、そのような俯瞰は現場にはいらない
         

  2. FICTION96

    12月9日

    それはたとえばどうして照明のフェードインというようなものがあらわれたのかとか、モノローグとはとか、劇に音楽が入るということとか、方程式を使って先へ向かうのか、あえてその方程式を再び見つけようとするのかとか、これらは話したわけじゃない
         

  3. FICTION96

    12月9日

    形式めいたものを踏むのならその形式めいたものが生まれた瞬間に全力でにじり寄る必要があるのじゃないか、というような話を『配置された落下』を見たあとで山本かれらと話した、交換可能であり交換不能でもあるものがそれでもやはりそこを超えて交換不能にどう至るのか、というようなことも
         

  • 12/08(日)
  • 2 tweets
  • 13時
  • 1 tweets
  1. FICTION96

    12月8日

    ブレヒトの異化効果はその前の没入がなくては話にならないけれどいまどき映画や芝居を見て没入するひとなどいるのだろうか、昔はいた、時代劇で斬られるひとを見てほんとうに死んでいると思っていたばあさんが近所にいた
         

  • 01時
  • 1 tweets
  1. FICTION96

    12月8日

    どれの何でもない、というのはしかし特別なことではない、重要なのは何でもないものであり続けることで、別の何かをもってきて当てはめることでもない、AではないからBでもないのだ
         

ツイート成分
時間帯別ツイート
TOP