巧 舟さん(@takumi_gt)のカレンダー形式ツイッター(Twitter)

 
  • 巧 舟 @takumi_gt
  • カプコンのゲームデザイナー/代表作『逆転裁判 1~3』『GHOST TRICK』/最新作『大逆転裁判2 -成歩堂龍ノ介の覺悟-』 8/3発売!/新作の情報を中心に、期間限定でつぶやきます。なお、こちらからのフォロー・返信はできません。 よろしくお願いします!

  • http://t.co/hQhO1uEZQA
  • Twitter歴: 2641日 (2010/05/06より)    一日の平均ツイート数 8.7つぶやき
巧 舟のカレンダー形式ツイート履歴
  • 07/27(木)
  • 9 tweets
  • 22時
  • 9 tweets
  1. takumi_gt

    7月27日

    …そんなワケで。いよいよ《大逆転裁判2》発売まで、あと1週間。 あくまで個人的には、なるべく情報には目をふさいで、“まっ白”な状態で発売日に遊んでいただくコトをオススメします。…あと、《1》を遊んでおくのもよいかもしれません。 そ… https://t.co/j8ZdNity5C
         

  2. takumi_gt

    7月27日

    …それでは。気をとりなおして、もう一度。 「《大逆転裁判2》をよろしくお願いいたしますともッ!」 https://t.co/SheASoRLDB
         

     
  3. takumi_gt

    7月27日

    いやいや先輩、足ッ! …絶妙にご先祖さまを踏みつけにしております。 さすがに、それはどうかと… https://t.co/V1TdHDt4Ey
         

     
  4. takumi_gt

    7月27日

    セッカクなので、ひさしぶりに我が家の高名なる小動物・ミサイル先輩と『ファミ通』で記念撮影をば。 「エガオならば、いつでも準備完了ですともッ!」 https://t.co/s322PR6pkG
         

     
  5. takumi_gt

    7月27日

    ちなみに、本日発売の『週刊ファミ通』にて、《大逆転裁判2》を特集していただきました。ぼくやらヌリくんやらエシロ氏がダンゴになったインタビューなども収録。書店で見かけたら手にとっていただいて…ネタバレを気にする“通”な方は、発売後、プレイしてからジックリ読むのもアリかと。
         

  6. takumi_gt

    7月27日

    《大逆転裁判》制作に関するこのあたりの“事情”は、すでに発売中の『Nintendo DREAMS』9月号に掲載されているコラムで少し詳しくお話ししたのですが…“冒險”につぐ“覺悟”をもって完成した《2》の『船出』には、いつも以上の感慨があります。
         

  7. takumi_gt

    7月27日

    2001年の第一作以来、その時その時の全生命を注ぎこんで重ねてきたシリーズともう一度、真正面から向かい合う… 2013年当初、新しい世界観やら物語やら考え始めたときのアタマの中は、それこそキョーレツな気合いと気負いが渦巻き逆巻く、まさに疾風怒濤…
         

  8. takumi_gt

    7月27日

    思えば《大逆転裁判》は、ぼくにとって挑戦しがいのある…いやむしろ、挑戦しがいの“ありすぎる”プロジェクトでした。 なにしろ、かつて自分自身が書いた《逆転裁判》に恥じない、もうひとつの『逆転』を生み出すワケで…それは、思った以上の“重圧”だったような。。
         

  9. takumi_gt

    7月27日

    あの《大逆転裁判2》が…ついに、発売日まで、あと1週間ッ! 来週の今日、いよいよみなさんの手元に届く…みなぎる緊張感に、思わずいつものフレーズが“後回し”になってしまったタクミです。 みなさん、こんばんは。
         

  • 07/26(水)
  • 8 tweets
  • 23時
  • 1 tweets
  1. takumi_gt

    7月26日

    これぞ、ミステリーの根底にある“オドロキ”の本質であり…『そんな瞬間を作れたら』という思いから《逆転裁判》が生まれて…《大逆転裁判2》につながっているハズ。 ミステリーもクイズもマジックも、“古典”の放つ輝きは強烈ですが、それを受け継ぎ、超えていきたいもの。 …それでは、また!
         

  • 22時
  • 7 tweets
  1. takumi_gt

    7月26日

    そんなタクミ少年もオトナになって、“作り手”の道を選んだワケですが…この《心理的盲点をつく衝撃》は、ぼくにとって究極のアコガレだったりします。 心理的盲点の“在処”や“大きさ”は、ヒトそれぞれ。しかし、すぐれた謎は、時代や国境を超えて『あっ!』と叫ばせる…なんたる美学。
         

  2. takumi_gt

    7月26日

    フシギだったのは、『こんな問題、作者はどうやって考えたのだろう?』…というコト。人間の心理的な“盲点”…それはモチロン、作り手自身の中にもあるはずで、それをココロの中からすくい出して、シンプルな《クイズ》の形に落としこむ…これはいったい、どんな才能なのか??
         

  3. takumi_gt

    7月26日

    『3つすべてに火をつける』『2人の男がチェスをしている』…情報から頭に浮かぶ“情景”が《先入観》として固定してしまい、その先にあるコタエが見えなくなる…なんというフシギ。ぼくは特に単純なので、あらゆる問題にだまされ、あらゆるコタエに仰天するという、それはかわいらしい少年でした。
         

  4. takumi_gt

    7月26日

    その中で、ぼくが特に好きなのが、前回までに紹介した『山小屋』やら『2人のチェス』に代表されるようなクイズ…いずれも“古典”ですが…これらには、ある“共通点”があります。 それは、読み手の“思いこみ”を利用して謎を作っている…というポイント。
         

  5. takumi_gt

    7月26日

    これとマッタク同じ理由で、『クイズ』も、ムカシから大好物だったりします。ただ、クイズといっても、その範囲は広大。“なぞなぞ”やら“数理パズル”やら、さまざまですが…小さい頃、ホームズシリーズを読むのと同じ熱心さで多湖輝先生の『頭の体操』シリーズを愛読していたっけ。。
         

  6. takumi_gt

    7月26日

    さて。今さらではありますが、ぼくはムカシから『ミステリ』と『マジック』が大好きです。そして、ここに共通する要素こそが…“オドロキ”。 ◎ミステリ→謎が明かされるオドロキ ◎マジック→謎の現象が生むオドロキ …と、それぞれ方向は違うのですが、“オドロキ”こそ人類の宝。
         

  7. takumi_gt

    7月26日

    みなさん、こんばんは。 『2人の男は、それぞれ別の相手をチェスをしていた』 …なんのコトかピンとこない方は、前回のツイートを見ていただいて「先にコタエを見ちまったじゃないか!」となってもらいたい巧です。
         

  • 07/23(日)
  • 12 tweets
  • 22時
  • 12 tweets
  1. takumi_gt

    7月23日

    …それでは、今回もコリずに、またしても“お気に入り”のクイズをば。 『2人の男が5回、チェスの勝負をした。あとで結果を聞くと、2人ともそれぞれ同じ回数勝ち、引き分けはなかったという。どういうことだろうか?』 コタエ合わせは次回…運よく覚えていたら。 それでは、また!
         

  2. takumi_gt

    7月23日

    …そういえば。先日“お気に入り”と言って紹介したクイズのコタエ合わせもスッカリ忘れてましたね。 『お気に入りなら忘れるなよ!』…と、我ながら思いつつ… あれ。コタエ、なんだったっけ?? …と、さすがにそれはないか。 遅ればせながら、コタエは『マッチ』です。
         

  3. takumi_gt

    7月23日

    また、極度の“もの忘れ強者”であるぼくとしては、 『ええと。質問が2つあるのですが…』 なんて場合は要注意。2つめの質問を聞き終えたときには、すでに1つめの質問の内容を忘れて聞き直し、1つめを答え終わったときには、2つめの質問の存在自体を忘れているという…まさに“無間地獄”。
         

  4. takumi_gt

    7月23日

    ちなみに、ヒューマンアカデミーのセミナーは、これで5回目。エシロさんとぼくで、2時間ほど《逆転》《大逆転》について話すのですが…気を抜けないのが、最後の“質問コーナー ”。予想外の質問から、思わずネタバレを誘発されそうになって、一瞬コトバに詰まってみたり…
         

  5. takumi_gt

    7月23日

    ともあれ。出かける先々で《逆転裁判》や《大逆転裁判》を遊んでくれている方々にお話しできるのはウレシイもの。モチロン、遊んだことのない方々もいますが、将来の道に“ゲーム業界”を選ぶササヤカなキッカケにでもなればいいな…と思いつつお話しして、帰ってきました。
         

  6. takumi_gt

    7月23日

    1000円札といえば…野口英世先生の“先代”は、モチロン我らが夏目漱石先生。 じつは《大逆転裁判》で漱石さんをデザインしたとき、なんだか1000円札の漱石先生と英世先生のイメージがゴッチャになって…なんだかあんな髪型になったという… https://t.co/sCJUgmnPfJ
         

  7. takumi_gt

    7月23日

    まさかの野口英世先生。 おそらく、遅れたお詫びの1000円、というコトのようですが…この封筒、軽くヒト笑いさせてボクの不安なココロをなごませようという謀略なのかしら。。 ともあれ、コチラ。ありがたく、沖縄料理の一品のモズクと…いや… https://t.co/RkP7knmG5q
         

  8. takumi_gt

    7月23日

    …しかし、そこはさすが天下の飛行機。1時間遅れて出発の案内が聞こえてきて、乗り込もうとしたとき…入口で、ニコヤカに封筒を手渡されました。 まるで飛行機のように真っ白な封筒で、まるで飛行機のように小さな“窓”があいており、そこからのぞいていたのは…
         

  9. takumi_gt

    7月23日

    や。正確にどう書いてあったかよく覚えていないのですが、そんな主旨のコトだったような…なにしろ動揺していたので。 思えばどうも最近、出張のアクシデントに見舞われがちで…先日は新大阪駅で新幹線に乗ったはいいものの折からの大雨で出発せず、3時間たっぷり座席でボンヤリしてみたり。
         

  10. takumi_gt

    7月23日

    ちなみに、極度の“飛行機弱者”でもあるため、ちょっとしたアクシデントにも非常に敏感。今回、行きの飛行機の出発が1時間、遅れたのですが…その際、掲示板に表示された、その“理由”が… 『飛行機が見つからないため』 …あんな大きなものがなくなるのかッ! と動揺。
         

  11. takumi_gt

    7月23日

    最後のミッションは、専門学校ヒューマンアカデミー沖縄校にて《逆転裁判》シリーズの講演。 極度の“お出かけ弱者”のため、沖縄は当然、初上陸。たとえ国内線であっても、空港に行くだけでドキドキするという。。
         

  12. takumi_gt

    7月23日

    みなさん、こんばんは。 今週の「プロモーション?なのかな?」的なお仕事シリーズをすべて終えて、(主におみやげで)ひとまわり大きくなって大阪に帰って来たタクミです。
         

ツイート成分
時間帯別ツイート
TOP