横尾忠則さん(@tadanoriyokoo)のカレンダー形式ツイッター(Twitter)

 
横尾忠則のカレンダー形式ツイート履歴
  • 07/21(金)
  • 24 tweets
  • 18時
  • 7 tweets
  1. tadanoriyokoo

    15時間

    芸術意識をはずせば、芸術ってそー難しくないはずだ。芸術意識を持ち込み過ぎると芸術から遠ざかる。https://t.co/iWHt6bhLq9
         

  2. tadanoriyokoo

    15時間

    今、自分にびっくりするものは何んだろう? 自分の身体かな?
         

  3. tadanoriyokoo

    15時間

    自分の作品にびっくりするようなものを描かなきゃスキャンダルとはいえないよね。
         

  4. tadanoriyokoo

    15時間

    僕の60年代は自分が自分のスキャンダルだった。自分で自分の描いたポスターにびっくりしたもんだ。
         

  5. tadanoriyokoo

    15時間

    アートがスキャンダルだった時代は終ったのかな?
         

  6. tadanoriyokoo

    15時間

    週刊誌のスキャンダルの前ではアートのスキャンダルは影をひそめているよな。
         

  7. tadanoriyokoo

    15時間

    夜の病院ってシュールだ。デ・キリコの形而上絵画みたいだ。
         

  • 17時
  • 8 tweets
  1. tadanoriyokoo

    15時間

    声が正常にもどらない。まるでワニみたいな声だ。ワニの声は聞いたことないけど。
         

  2. tadanoriyokoo

    15時間

    ここんところ毎日水をペットボトル4本は飲む。そのせいか数値が下がってきた。薬より水の方が薬だ。
         

  3. tadanoriyokoo

    15時間

    年を取ると若い頃と反対のことをするといい、ということがわかってきた。といって逆立ちして歩くわけにはいかない。
         

  4. tadanoriyokoo

    15時間

    去年だったか、骨折で2.5ヶ月入院していた時、歩き方を忘れかけていた。
         

  5. tadanoriyokoo

    15時間

    長く描いていないと、描き方を忘れることがある。
         

  6. tadanoriyokoo

    15時間

    絵は描かないと下手になる。だけど上手な絵よりも下手な絵の方がましだ。
         

  7. tadanoriyokoo

    15時間

    僕の脳は身体である。脳より身体の方がエライのだ。
         

  8. tadanoriyokoo

    15時間

    まだ入院しています。土曜日には退院したいんだと脳は言う。けれど、身体が「待て!」と言う。
         

  • 10時
  • 9 tweets
  1. tadanoriyokoo

    23時間

    今までどこへ行っても若かったのに、最近はどこへ行っても最年長者だ。https://t.co/iWHt6bhLq9
         

  2. tadanoriyokoo

    23時間

    くだらないことを考えるのは決してくだらないことではなく、むしろくだることを考える方が、くだらないんじゃないかなあ。
         

  3. tadanoriyokoo

    23時間

    病室から空の雲を眺めていると、次々といろんな具象や抽象が描かれる。これはかなり面白い。こんなことに面白がるのはよほどの暇人で、アーティストではなさそーだ。
         

  4. tadanoriyokoo

    23時間

    以前は入院すると珍しがって見舞客の対応で忙しかったが、最近は一年に一回。誰も心配してくれない。お遊び程度ぐらいにしか思われていないんだろうね。こんなお遊びが続いて、いつか人生が終るのかな。
         

  5. tadanoriyokoo

    23時間

    現在、禁断症状中。禁断症状がないと爆発(太郎みたいでヤだね)しない。
         

  6. tadanoriyokoo

    23時間

    現在ソウル美術館でカルティエ現代美術財団展開催中! アーティストの肖像画30点出品中。ソウルに行ったら、ぜひ。このあと上海でも。
         

  7. tadanoriyokoo

    23時間

    ポスターの仕事は神戸の自分の美術館の個展のためぐらいだ。たまの他流試合なので、楽しみだ。
         

  8. tadanoriyokoo

    23時間

    デュラン・デュランが来日公演を行う。その時ポスターを作って欲しいと。公演用の日時や場所の入った営業用のポスターじゃなく、作品としてのポスター(販売用)を描いて欲しいと。他に版画も。
         

  9. tadanoriyokoo

    23時間

    入院していると人としゃべることがないので、ついツイートが多くなる。まるで仕事のようにどうでもいいことをしゃべっている。
         

  • 07/20(木)
  • 21 tweets
  • 18時
  • 7 tweets
  1. tadanoriyokoo

    7月20日

    昨日、病室で初めて絵(タマの絵)を描いた。所変れば絵も変る。絵は無理に変えようとしなくても環境を変えれば自然に変る。https://t.co/iWHt6bhLq9
         

  2. tadanoriyokoo

    7月20日

    3日間前から声がガラガラで、しかもつまっているので大きい声が出せない。人前では話せないほどひどい声だ。その代りといったら変だけど3年前からの足の親指の骨折の痛みが取れている(というか取れかかっている)。声と足ならどっちを取るかな?
         

  3. tadanoriyokoo

    7月20日

    入院していると運動不足になる。脳の運動不足はかえっていい。
         

  4. tadanoriyokoo

    7月20日

    それよりも、かつて吸収したものを吐き出すことの方が先決だ。
         

  5. tadanoriyokoo

    7月20日

    色んなものを見て、色んなものを知りたいという僕の中の好奇心の時期は終った。この歳でそれを求めると自分を小さくしてしまうような気がする。
         

  6. tadanoriyokoo

    7月20日

    美術で社会を変えたいという気持はないが、自分を変えたいという気持はある。
         

  7. tadanoriyokoo

    7月20日

    現代美術が環境を問題にするようになった現在、僕はピカビアがそーしたようにあくまでも絵画に創造の場を求めてきた。描くという原初的な身体性からは離れないつもりだ。絵画にはまだまだ未解決な問題が残されている。肉体年令には限界があるが絵画年令にはそれがない。
         

  • 14時
  • 6 tweets
  1. tadanoriyokoo

    7月20日

    そー考えると禅寺も病院も、そして絵を描くこともさほど違いはない。絵を描くことは病院でいえば養生だし、禅寺では修行とか作務ということになる。https://t.co/iWHt6bhLq9
         

  2. tadanoriyokoo

    7月20日

    禅寺はこの辺のことを修行という形態をとっているが、病院は別に修行の場とは言っていない。ぼくが勝手にそー思っているだけだ。
         

  3. tadanoriyokoo

    7月20日

    日常はどうも煩悩の世界らしい。煩悩を断ち切ることで、身体または心を調整して、人間本来の状態(健康)に戻すのだ。
         

  4. tadanoriyokoo

    7月20日

    その秘密は日常生活から隔絶させられるということだ。
         

  5. tadanoriyokoo

    7月20日

    その何かは下界(外界)と隔絶(バリア)されていることだ。すると禅寺に似てなくもない。禅寺に参禅していた時も外界と隔絶されている。この隔絶に秘密があるのだ。
         

  6. tadanoriyokoo

    7月20日

    病院の一日の生活は吸入と酸素と血圧と体温を計るだけで特別の治療はない。時々、先生が来て、会話をする。あとは院内では自由行動。これじゃ、家にいたり、ホテルに入っていてもいいようだが、やっぱり病院でなきゃいけない何かがある。
         

  • 13時
  • 8 tweets
  1. tadanoriyokoo

    7月20日

    アマゾンや、中南米のベリーズに行った時も、今考えるとよく生きて帰ってきたと思うね。こんな怖い体験がぼくの絵を怖くしてくれるんだから、まあよしとするしかないよね。
         

  2. tadanoriyokoo

    7月20日

    ハワイでヘリのドアをはずしたまま飛んだ時も怖かったね。カメラマンはロープでヘリに結ばれたまま身体が外にぶら下がっているんだもん。そのパイロットは横見していて、あわや崖に激突するとこだったよ。
         

  3. tadanoriyokoo

    7月20日

    ホンジュラスで飛んでいるセスナのドアが開いたままで、落ちそーになったこともあった。仲間のひとりは気絶したんだぜ。
         

  4. tadanoriyokoo

    7月20日

    アンカレッジに着いたら「全員降りてくれ」と言う。機内の点検だという。森山さんと二人で最後まで、降りないでねばっていると、機長が来て「この飛行機に爆弾が仕掛けられているから」とにかく降りろという。ウソだと思ったけど、何もなかった。二人を降ろすためにウソをついたんだろう。
         

  5. tadanoriyokoo

    7月20日

    飛行機で怖い目には何度か遭っているね。アメリカから帰国する時、アンカレッジ上空で物凄い何百メートルものエアーポケットに落ちた。森山大道さんと一緒だって、お互いに死ぬと思って靴のヒモだけはしっかりしめた。海に落ちた時、裸足の死体になりたくなかったからね。
         

  6. tadanoriyokoo

    7月20日

    今から思ってもメチャメチャに高いよね。なんであんなに高かったのだろう。だから一生に一度の海外旅行だと覚悟したもんだ。ところが飛行機が揺れだした。見ると雲海から真黒な竜巻が悪魔のように宇宙に梯子を掛けていた。生きた気がしなかった。
         

  7. tadanoriyokoo

    7月20日

    初めて海外旅行をしたのは1964年だった。東京オリンピックにヨーロッパから選手がやってくる。その飛行機が帰りは空になるので、それを利用すると安くなるというので行ったけど。3週間で確か75万円だった。
         

  8. tadanoriyokoo

    7月20日

    7〜8年前から海外旅行に行くのは中止した。時差ボケで、帰国後不眠症になって、体調を崩してしまうからだ。第一あの飛行機のエンジン音がいやだよね。またピタッと止っているのも不気味だ。新幹線は揺れているから安心するのよね。
         

  • 07/19(水)
  • 16 tweets
  • 18時
  • 8 tweets
  1. tadanoriyokoo

    7月19日

    よく芝居を観ながらウトウトする瞬間ってあるでしょう。「あっ、眠る、眠る」って、あの瞬間の快楽をベッドの中で再現したわけ。毎晩寝室で誰かが芝居を演じてくれれば問題はないんだよね。https://t.co/iWHt6bhLq9
         

  2. tadanoriyokoo

    7月19日

    ぼくにとって健康とは、眠ることである。ぼくは眠りが人一倍下手くそである。大事業である。ぼくが眠るのが下手なのは、眠る瞬間を見届けてやろうと思うからだ。そんな瞬間てのはあってないものだ。だからこそ見極めたいってわけ。
         

  3. tadanoriyokoo

    7月19日

    健康っていうのは、常に変化している状態のことをいうんじゃないかな?
         

  4. tadanoriyokoo

    7月19日

    三年前の足の指の骨折がズーッと痛んでいたのに先週の入院以来、痛みが和らいでいるのはなんでだろう。身体ってわからないことが多過ぎる。まあ、わかるのは身体も常に変化しているということだ。
         

  5. tadanoriyokoo

    7月19日

    生き方の下手な人もいるけれど、だからといって死ぬのも下手だとは一概に言えないんじゃないかな。
         

  6. tadanoriyokoo

    7月19日

    日野原重明先生が100歳で死去された。上手に生きた方は上手に亡くなられるような気がする。
         

  7. tadanoriyokoo

    7月19日

    窓を開けたまま眠ったので、そのせいで咽をやられたらしい。きっと夜気が忍び込んだのだろう。
         

  8. tadanoriyokoo

    7月19日

    咽がつまって声が出にくい。出てもその声はかすれて会話にならない。咽と耳がつながっているので難聴はさらに難聴である。入る言葉と出る言葉が不自由というだけで、言葉を必要とする思考まで怪しくなる。ついでに絵が怪しくなるのは大いに結構。
         

  • 10時
  • 8 tweets
  1. tadanoriyokoo

    7月19日

    夢を実現しようと思って、あれこれ求めるんだろうけれど、求めるものがない人にとっては毎日が夢の中にいるのかも知れないね。https://t.co/iWHt6bhLq9
         

  2. tadanoriyokoo

    7月19日

    朝、起きて寝るまで、「今日はまるで夢のような一日だった」と思えれば、欲望など必要なくなるんじゃないかなあ。
         

  3. tadanoriyokoo

    7月19日

    この世は全て夢だと思えれば、あれこれ考えずに、なるようになることを、ジーッと観察していればいいってことになるんじゃないかなあ。
         

  4. tadanoriyokoo

    7月19日

    人間が死んじゃえば、現世のことを「長い夢を見ていた」と思うんじゃないかな。
         

  5. tadanoriyokoo

    7月19日

    夢日記は書いているけれど、夢を絵にすることは滅多にない。もしかしたら描く絵の中に同化しているのかも知れない。
         

  6. tadanoriyokoo

    7月19日

    ぼくは昔から、20代の頃から今日まで夢日記を記述している。だからシンクロニシティは特別のものとは思っていない。
         

  7. tadanoriyokoo

    7月19日

    意識と無意識が結合されるとシンクロニシティ(共時性)が起こるとユングが言っていた。両者を結合させるためには夢を記述するといいという。
         

  8. tadanoriyokoo

    7月19日

    夢を見ない夜はない。昔の夢はSFファンタジーみたいで面白かったけれど、最近は日常とそう変らない夢ばかりで、これじゃ夜中も昼間と変らない。というか意識と無意識の区別がなくなっている。ゼーンブ顕在意識って感じで、これじゃ、イマジネーションはどこから来るんだ。
         

ツイート成分
時間帯別ツイート
TOP