橋下徹さん(@t_ishin)のカレンダー形式ツイッター(Twitter)

 
橋下徹のカレンダー形式ツイート履歴
  • 01/22(日)
  • 2 tweets
  • 15時
  • 1 tweets
  1. t_ishin

    8時間

    (トランプ大統領)いわゆるセレブの反トランプデモ。それをやるなら自分の収入の大半を経済的困窮者に寄附してよ。自称インテリが一銭も金を出さずに文楽を守れ!と口だけでカッコつけてたのとよく似てる。空の言葉より行動を、のトランプワードが身に染みる。
         

  • 10時
  • 1 tweets
  1. t_ishin

    13時間

    (政治とメディア)トランプ氏のツイッター発信にアメリカのメディアが大慌てなのは、トランプ側とメディアのなあなあの関係がなくなり、これからは取材力・評論力による完全実力競争時代に突入するから。力がなければ記事を作れなくなる。永田町やメディア政治部も少しは見習ってほしいよ。
         

  • 01/21(土)
  • 4 tweets
  • 14時
  • 1 tweets
  1. t_ishin

    1月21日

    (トランプ大統領)格調を気にした小難しい表現の演説は、自称インテリの評価を気にしたもの。トランプのおっちゃんの演説は、完全に普通の国民向け。自称インテリは無視。これをもってレベルが低い演説と言う人こそレベルが低いね。普段綺麗ごとを言う人ほど、バカだ、教育レベルが低いと平気で言う。
         

  • 13時
  • 3 tweets
  1. t_ishin

    1月21日

    もう1つは既得権の打破。ワシントン政治家やメディアや自称インテリが跋扈する政治からの決別。そしていきなりTPP離脱。世界が何と言おうとも離脱。オバマ氏も就任前はNAFTA再交渉と言ってたのに就任と同時にあっさり尻すぼみ。日本の政治… https://t.co/CUpdAWIr4l
         

  2. t_ishin

    1月21日

    (トランプ大統領)就任演説のポイントは2つ。1、アメリカ第一主義、2、口ではなく行動重視 寒空で聞いている人にとってこれだけで十分。政治家は文学者じゃない。賛否はともかく政治家は大きな方向性を示すことが全て。専門家が今回の演説をもっとらしく分析しても無意味。
         

  3. t_ishin

    1月21日

    (トランプ大統領)案の上中身のないトンラプ氏の演説。でも素直。口よりも行動重視の政治家の演説の特徴。就任式でこれからスタートなんだから、こんなところで格調ばかり高い小難しい演説をやっても無意味。かっこつけ口だけ政治家は演説の格調ばかり気にする。トランプ氏は行動重視。
         

  • 01/20(金)
  • 6 tweets
  • 22時
  • 3 tweets
  1. t_ishin

    1月20日

    論理的科学的な安全基準は土壌汚染対策法と市場建物内の環境基準。現在の豊洲は土壌汚染対策法や建物内の環境基準を満たしている。地下水の環境基準は地上部の市場にとっては気持ち的な安心基準。 https://t.co/22HITThkVi
         

  2. t_ishin

    1月20日

    (豊洲問題)安全基準は論理的科学的。安心基準は主観的気持ち的。豊洲は安全だが安心がない。築地は安全はないが安心はある。どちらを選択するか。僕は前者。
         

  3. t_ishin

    1月20日

    (トランプ大統領)政治をやったことのない自称インテリは政治家の演説を異常に重視する。演説なんて所詮言うだけのこと。さらっと聞き流せばいい。政治家は実行、結果が全て。言葉尻に振り回されてはいけない。何を実際にやるかだ。
         

  • 19時
  • 1 tweets
  1. t_ishin

    1月20日

    (マクロ経済)ついに日銀保有債と政府債務をBS上相殺する主張が大手メディア(毎日新聞・アデア・ターナー氏)に掲載され始めた。シニョレッジ(通貨発行益)の活用だ。毎年の日銀納付の現在価値。日銀負債の銀行券には債務性はないし準備預金も利子率0にすればいいだけ。為政者は知恵を絞るべき
         

  • 18時
  • 2 tweets
  1. t_ishin

    1月20日

    (政治とメディア)トランプ氏のツイッター利用についてメディアは猛批判。記者の質問に答えないので政策議論が深まらない、権力チェックができないなど。ちょっと待て。今のメディアはそこまでレベルが高いのか?豊洲の地下空洞で大騒ぎ、環境基準と安全基準の区別も理解しない。メディアも反省すべき
         

  2. t_ishin

    1月20日

    (朝日新聞)今、朝日新聞が内閣法制局の法律解釈を問題視している。安保法制に関する想定問答を情報公開請求したところ法制局は拒否。しかし審査会は公開を答申。朝日新聞は、あれだけ内閣法制局を憲法の番人と絶対視していたのに。法制局はあくまでも行政機関。憲法の番人は最高裁。これ中学の公民。
         

ツイート成分
時間帯別ツイート
TOP